ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

クリスタル・ケイが人生で一番感動したラブソング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クリスタル・ケイが人生で一番感動したラブソング
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー、「SAWAI SEIYAKU KEY TO LIFE」。2月20日(月)のオンエアでは、ゲストにクリスタル・ケイさんをお迎えしました。

実は、同番組には初登場だというクリスタル・ケイさん。今週の「ACOUSTIC COUNTY」は、「SWEETEST LOVE SONGS」と題してラブソング多めにお送りしていることもあり、クリスタル・ケイさんに今年のバレンタインをどう過ごしたか聞いてみました。

「バレンタインは名古屋のブルーノートでライブでした。休みの日は基本仕事です(笑)。でもそのほうが好き。お祝いの日は、たくさんの人と一緒に祝ったほうが楽しいし」(クリスタル・ケイさん、以下同)

そんなクリスタル・ケイさんは、愛と未来を歌った新曲「Faces」が17日(金)から配信スタートとなったばかりです。

「あなたの目には、未来図の中、私はどういう風に映っているの? って…たぶん誰もが、男性も女性もすごい大切な人に出会ったら一瞬そういうことって考えちゃうんじゃないかなあと思って。この曲は、すごいあたたかいバラードになっています」

そしてクリスタル・ケイさんに、坂倉からこんな質問が。

坂倉:クリスタル・ケイさんがラブソングを歌うときに一番大切にしていることってなんですか?
クリスタル・ケイ:そうですね…。うまく歌うとかじゃなくて、言葉がひとつひとつ届くように意識してますね。生の感情を伝えられるように。若い時はテクニック重視だったんですけど、年齢と共に、自分が追いついてきているのかもですね、歌詞に(笑)。
坂倉:30代になられて、20代の頃とは恋愛の価値観が違ってきたと思いますか?
クリスタル・ケイ:変わりました! でも、自分が恋愛してる時には、なかなか歌う機会がなくて(笑)。

ちなみに人生で一番感銘を受けたラブソングを聞いてみると…

「15歳くらいのときに出合った曲で、アメル・ラリーウーの『Make Me Whole』です。語り掛けるような彼女の声も素晴らしいし、とにかく美しい」とのこと。この曲、実は坂倉も大好きだったようで、「あの曲いいですよね! 車の中で聞くと号泣しちゃう!」と二人で盛り上がっていました(笑)。

さて、次回21日(火)の放送では、大橋トリオさんをゲストにお迎えします! こちらもどうぞお楽しみに。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。