体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Notion Ink、Adamタブレットの後継「Adam II」でTI OMAP 44xxプロセッサーを採用

タブレット端末メーカーの印 Notion InkのAdamタブレット後継機種にはTI OMAP 44xxプロセッサーが搭載されるようです。20日に同社がAdam後継の開発のために米TIと提携済みであることを発表しました。「Adam II」と呼ばれる後継の写真や仕様は公開されていませんが、Adam IIにはOMAP 44xxのほか、TIのWi-Fi/GPS/FM/Bluetooh機能をワンチップに集積した「Wi-Link 7.0 」や「PHOENIX Audio」、電源管理ICが使用されるそうです。OSはAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)とされています。先週末、同社は2010年末にFroyoで発売した「Adam」タブレット向けのICS ROM(アルファ版)のリリースを発表した中で、Adam IIについての情報を翌週以降徐々に共有していくと予告していました。Source : Notion Ink


(juggly.cn)記事関連リンク
rooted端末・Androidマーケットから削除されたアプリ向けのアプリマーケット「CyanogenMod App Store」の開発が進行中
Sony Ericsson ST25i "Kumquat"とされる端末の写真が公開
”LG X3”と呼ばれるLGのクアッドコアTegra 3搭載スマートフォンの画像が流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。