ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「ラ・ラ・ランド」を観る前にチェックすべき映画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「ラ・ラ・ランド」を観る前にチェックすべき映画
J-WAVEで放送中の朝の番組「ZAPPA」(月曜&火曜担当ナビゲーター:マッシュー)。2月20日(月)のオンエアでは、話題の映画「ラ・ラ・ランド」を観る前にチェックしておきたい“ある映画”について語りました。

というのも、「月曜といえば映画がお得というイメージ」だとマッシュー。実際、「auマンデイ」ではauスマートパス会員向けにTOHOシネマズの映画鑑賞券が1100円になったり、イオンシネマでは誰でも1100円になります。

そんな中、アカデミー賞最多14部門ノミネートと大きな話題となっているのが「ラ・ラ・ランド」。2月24日(金)から公開される本作ですが、マッシューいわく、公開前に、同じデミアン・チャゼル監督の出世作「セッション」を観ておくと、「ラ・ラ・ランド」がさらに楽しめるのだとか。

2つの作品は全く別のストーリーで関連性はありませんが、チャゼル監督の作風やストーリーテリング、映像の切り取り方、音楽の使い方などが両作品ともにユニークなのだとか。

「セッション」の登場人物は、ジャズバンドをしている大学の鬼教師とドラマーの学生。もちろん他にも出演者はいますが、限りなくこの2人にフォーカスしています。映像に関して言うと、主人公の学生ドラマーの心情に合わせて画面の色合いが変り、一つ一つのシーンがきれいにキャプチャされています。

「監督自身もハーバード大学でジャズドラムを学んでいたので、ストーリーはリアル、画面の切り取り方やカット割りはとてもリズミカルです。ジャズバンドが演奏するシーンは息が止まるほど見入ってしまいました」(マッシュ―)

一方の「ラ・ラ・ランド」は、ショービズ界で夢を追いかける男女2人に焦点をあてた物語。きれいな色使い、リズミカルな映像音楽は「セッション」を観ていなくても楽しめますが、32歳の監督がたった数年の間にどう進化したのか…。「セッション」を見てから「ラ・ラ・ランド」を観ると、そのような目線でも楽しむことができるそうです!

マッシューのおすすめ「おうちマンデイ」の映画、「ラ・ラ・ランド」を観る予定の方は「セッション」をチョイスしてはいかがでしょうか?

そして今週の「ZAPPA」では、24日(金)からスタートする「プレミアムフライデー」にちなんで、1週間、みなさんにとっての「○曜日ソング」を曜日ごとに大募集しています。その中から一曲、番組のラスト曲としてオンエア。採用された方にはもれなく、各曜日にふさわしいプレゼントを差し上げます! 応募の詳細は番組サイトでチェックしてくださいね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZAPPA」
放送日時:毎日 5時−6時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/zappa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。