体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

抱かれてもいい! 煮干ラーメンの優しさにクラクラ……!「煮干そば 藍」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170112153524j:plain

全国のラーメン好きのみなさま、京都ラーメン担当・メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回ご紹介するのは、煮干し系の中華そば。しかし、煮干しガツン系とは異なる、たおやか~な味わい。優しい煮干し系は、京都でも(たぶん全国でも)珍しいんですよねー。正統派ながら異端な(どっちだ)お店です。

カフェみたいなおしゃれなお店

f:id:mesitsu_la:20170112153521j:plain

訪れたのは、京都市左京区。京阪電鉄・神宮丸太町5番出口から川端通り(鴨川沿い)を北上。近衛通りを東に入り、小さな道を北上。

f:id:mesitsu_la:20170112160134j:plain

京都大学・薬学部と医学部キャンパス近くにある「煮干そば 藍 ~Dried Sardine Noodle Indigo~」です。

f:id:mesitsu_la:20170112153534j:plain

オーナーの谷田祐平さんにお出迎えいただきました。谷田さんは東京出身、東京の有名店「中華そば しば田」などあらゆるジャンルのラーメン店で修行したのち、大好きな京都へ。そして2015年11月にこちらのお店をオープン。

ちなみに谷田さんは、テクノトランスやチルアウト&ラウンジ系のDJとしても活動されています。

f:id:mesitsu_la:20170112153540j:plain

BGMはファンク、ソウル、ディスコ、ジャズ、レゲエなど。ウッドづかいが印象的で、ラーメン店というよりもカフェやバーみたいに、ゆたああああ~~っとくつろげる雰囲気です。ラーメン界にもLOVE&PEACEな波がやってきた!

f:id:mesitsu_la:20170112153533j:plain

店名の「藍」にちなみ、壁画はインディゴカラーを基調に描かれています。でかいクジラがカッコいい。オーナーの友人である岩切章吾さんによるものだとか。

f:id:mesitsu_la:20170112153523j:plain

靴を脱いでくつろげる小上がり席があるのも珍しいですよね。

それでは、名物の煮干しそばをいただくとしましょう!

隠し味が効きまくりの煮干そば

f:id:mesitsu_la:20170112153525j:plain

▲煮干そば(700円)

澄んだスープに、全粒粉入りの細麺の組み合わせ。具は、鶏チャーシュー(モモ+ムネ)・水菜・刻みタマネギ、糸唐辛子。野菜は、近所の個性派な八百屋さん「ファンキーファーム」で、できる限り無農薬やオーガニックのものを仕入れて使っているそう。

f:id:mesitsu_la:20170112153536j:plain

ベースの煮干しスープは、カタクチイワシ、タイ、サンマの煮干しで抽出。他にも、利尻&道南の昆布なども合わせてあります。

f:id:mesitsu_la:20170112153526j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。