ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

“中二病全開” M.S.S Projectが武道館でゲーム実況&単独ライブを敢行

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“中二病全開” M.S.S Projectが武道館でゲーム実況&単独ライブを敢行

インターネット動画のゲームや料理実況、さらには楽曲制作などで総再生4億PVを記録し、ネットシーンの人気に火がついたM.S.S Project。エンタメ性の高いパフォーマンスで、10~20代を中心に現在人気急上昇中だ。メンバーはFB777、KIKKUN-MK-Ⅱ、あろまほっと、そしてeoheohという中二病ノリのバラバラなキャラを持つ4人。

そんな彼らが2月18日、なんと初の日本武道館単独公演を敢行。これは昨年行ったツアー「M.S.S Project Tour 2016 ~光と闇のファンタジア~」のファイナル公演になるのだが、チケットは即完売。各方面をザワつかせた。実は彼ら、動画にも自ら制作した楽曲を使用するなど、かなり真剣に音楽に取り組んでいる。これまでに制作したアルバムは5枚で、新アルバム『M.S.S.Phantasia』(2月8日発売)に至ってはオリコン・デイリーチャート1位(ウィークリー4位)をマーク。その実力はお墨付きだ。

ライブ当日は熱狂的なファンが大集結。メンバーのイメージカラーが光るペンライトを掲げながら開演を待つ。照明が暗転すると、大声援とともに4人がステージへ。オープニングを飾ったのは彼らの十八番である“ゲーム実況”。「ナンジャモンジャ」と彼らのオリジナルゲーム「M.S.S.Planet」で展開するガチ勝負に、場内のテンションは急激に上がっていった。

このあと、映像をはさんでライブ演奏へ。新アルバム収録楽曲「Divine Ash」が鳴り響く中、FB777がステージ下からせり上がり、続けてあろまほっと、eoheohがポップアップで登場、最後にKIKKUN-MK-Ⅱがせり上がる派手なオープニングを飾る。続いて「Over Road」から本編がスタート。多くのレパートリーの中から厳選されたキラーチューンが続く。アッパーなボカロ曲「ENMA DANCE」からハードチューン「Borderlansのテーマ」、「Egoist Unfair」、ポップでキャッチーな「M.S.S.Party」などなど、幅広い音楽性で飽きさせない。もちろん、ボーカルは曲に合わせて4人が担当。歌以外ではFB777がショルダーキーボード、KIKKUN-MK-Ⅱはギターを手に、時おり速弾きで魅了する。あろまほっととeoheohは終始ダンスでライブを盛り上げた。曲によってはメンバーがトロッコに乗ってアリーナの通路を移動。アイドルなみの演出で観客を煽る。「M.S.S.Phantasia」で本編がフィニッシュするまで、まさに何でもアリの内容だった。

続くアンコールでは、それぞれのキャラクターをフィーチャーしたメドレーをプレイ。曲がかわるたびに観客がペンライトの色を変えていくというコンビネーションで、一体感を高める。

そんなファンに対し、MCではKIKKUN-MK-Ⅱが「ウチらの活動はいろんなことをやりすぎていて、まとまりがなかったりするし、みんなも友達に紹介しにくいと思います。でも、ゲーム実況や音楽をやるという、ひと言では表せないグループなんだなって、今日は誇りに思ってます。武道館ができたのも、みんなが応援してくれたおかげです。感謝の気持ちは言い表せないです」と、メンバーを代表して大舞台に立った思いを告白。ハチャメチャなノリに潜む真剣さをのぞかせた。大ラスは「We Are MSSP!」。4色のメタリックテープが客席に発射され、にぎやかな締めくくりとなった。

“実況の人”だけにとどまらない表現力で、ファンも一緒にメンバーと冒険しているような気持ちになる……それがM.S.S Projectの強みなのかもしれない。

終演後、武道館公演のDVD発売と夏に行われる全国ツアー“Soul Meeting 2017”の開催が発表され、次なるアクションを示した彼ら。今後の彼らの“冒険”に何が待ち受けているのか、期待したい。

写真:徳間書店・STRE EDGE編集部

関連リンク

M.S.S Project 公式ブログhttp://lineblog.me/mssp/
M.S.S Project ニコニコ動画http://ch.nicovideo.jp/mssp
M.S.S Project Youtubehttps://www.youtube.com/user/MSSP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。