体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【チケット売買アプリを事例に!】Googleへのアプリインデックスは努力に値するのか

本稿は、Smashing Magazineのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、Vivid Seats(チケット売買サービス)のSEOディレクターであるBryson Meunier氏によって投稿されました。

 

Googleの検索結果にアプリが表示されるように、App indexingを実装することにリソースを投資するのは、アプリのトラフィックの観点から効果的でしょうか。

この記事では、私の会社での活用事例を通して「App indexingを実装することは努力に値するのか」についてその答えを考えます。結果は驚くべきものです。

 

近年、App indexingはSEOにおいて最もホットな話題の1つですが、それにはいくつかの理由があります。

Googleは約2年以上も前から、アプリをインデックスするこの技術をすべての開発者のために公開しています。

しかし、実際にApp indexingを実装しているアプリは全体の約30%であり、Webサイトが追加的なトラフィックをアプリにもたらすことができる潜在的な可能性は大きいとしている調査もあります。

 

さらにGoogleは、WebサイトがApp Indexingを利用していることと、アプリがApp IndexingのAPIを実装していることついて、検索順位を上げる要因として考慮するとしています。そのため、App IndexingをWebサイトに実装することは、検索のトラフィックを増やすのに効果的だと思われます。

しかし、私の会社で実践してみたところ、効果はありませんでした。

App Indexingを実装したとき、たしかにGoogle検索経由のアプリのトラフックは増加しましたが、Web検索からのトラフィックと比べると微々たるもので、ほとんど努力に値しませんでした。

私の会社における活用例と、それが全体のトラフィックへもたらした影響について、詳細をまとめています。

 

目次

App Indexingとは
実装した背景
実際に行った解決策
結果
結論

 

App Indexingとは

App Indexingとは、関連する検索結果と一緒に、アプリがGoogle 検索に表示されるようにする仕組みのことです。

あなたのアプリで(1) HTTP URL をサポートし、(2)App Indexing SDK を追加すると、GoogleがそのWebページをクロールしてインデックス登録します。その結果、ユーザーは関連するキーワードで検索したときにその検索結果から、アプリをインストール、実行できるようになります。

ユーザーがアプリをインストール済みの場合、関連する検索結果の中に、「アプリを実行する」ボタンが表示されます。

検索者がアプリをインストールしていない場合には、関連する検索結果の中に、「インストール」ボタンが表示されます。

理論的には、この仕組みは素晴らしいものです。ユーザーはWebサイトやアプリを好むかどうかにかかわらず、ソースが明らかで信頼できるコンテンツを見つけることができます。

また、アプリの開発者やマーケティング担当者にとっても、アプリストア以外で、新規ユーザーに紹介することができるため、潜在的に利用者数やダウンロード数を増やす可能性を秘めているといえるのです。

 

しかし、「理論的に」優れていることは、必ずしもApp Indexingが実際にトラフィックを増やす効果があることを意味しません。

「どのように」また「なぜ」App Indexingを実装するかについて、私は多くの情報を調べましたが、App Indexingがトラフィックの観点からメリットがあるという実例は、見つけることができませんでした(Googleは他にもいくつかのメリットを強調していますが)。

そのためマーケティング担当者、開発者が、アプリをインデックスさせることによってトラフィックを実際にどれだけ増やすことができるか把握できるように、自分の会社Vivid Seatsのアプリで試してみました。

 

Vivid Seatsの事例を考えるにあたり考慮すべき点があります。Bloombergによると、Vivid Seatsは、StubHubとTicketmasterに次いで世界第3位の、最大級のチケット市場です。

そのため、元々トラフィックが多いのです。私たちのケースほど多くのトラフィックがないWebサイトや、同等の規模のWebサイトを持っていないアプリの場合は、私たちの結果とは異なるものになる可能性もあります。

 

また、今回のVivid Seatsの事例は、Androidのみを対象としたものです。

ベータ版のApp IndexingのiOSについては、まだGoogleのSearch Consoleを利用していないため、iOSアプリの場合にもインデックスや検索順位について同様の結果となるかは不明です。

 

実装した背景

Vivid Seatsは2015年9月から、Androidアプリがインデックスされています。当初、Webページと関連付けたアプリのURIをGoogleの検索結果に見つけるのは困難でした。

2016年2月に入っても、インデックスされたアプリのURIは約18で、そして「URI フォーマットはサポートされていません。」というエラー表示つきの35,000以上のページが見つかります。

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。