体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

《栄養士解説》夜に食べた方が効果的な食材&オススメレシピ

《栄養士解説》夜に食べた方が効果的な食材&オススメレシピ
食べ物の栄養素が効率よく体に吸収されるためには、朝と夜で「食べるとよい食材」が異なることをご存知でしたでしょうか?

好きなものを好きな時に食べる食生活を続けていると、胃腸に負担をかけてしまうことも…。

今回は栄養士の横川先生に、からだのリズムを考えた「夜に食べた方が効果的な食材やレシピ」を紹介していただきました。

朝と夜で栄養の吸収が違う理由

《栄養士解説》夜に食べた方が効果的な食材&オススメレシピ
自分の意思に関係なく、体の働きを調整する「自律神経」の働きが関係しています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、日中は交感神経が活発で、夜は副交感神経が活発になります。

交感神経が活発である日中は、主にエネルギーを使い、逆に副交感神経が活発になる夜は、栄養を吸収しエネルギーをため込む特徴があります。

そのため、朝と夜では栄養の吸収も異なってくるのです。

夜に食べた方が効果的な食材

無糖ヨーグルト

《栄養士解説》夜に食べた方が効果的な食材&オススメレシピ
夜の22時から深夜2時は「腸のゴールデンタイム」とも言われ、夕食にヨーグルトを食べると消化をサポートし、腸内環境を整える作用が期待できます。

牛乳

《栄養士解説》夜に食べた方が効果的な食材&オススメレシピ
骨作りをサポートする成長ホルモンの分泌は夜間に多く、それに伴いカルシウムも夜間に摂っておくことがオススメです。夕食前後にホットで飲むと代謝を下げないため、良いでしょう。

大豆製品(豆腐・納豆など)

《栄養士解説》夜に食べた方が効果的な食材&オススメレシピ
就寝中に分泌される成長ホルモンは脂肪の分解や筋肉を作る働きがあります。

発酵食品である納豆は、胃腸の負担が少ないことから睡眠の妨げにならずに、筋肉の元であるたんぱく質を補えます。

夜に食べた方が効果的な食材を使ったオススメレシピ

納豆とアボカドのとろろ和え

■ 材料

・納豆   1パック

・アボカド 1個

・長芋   お好みで

・刻みのり お好みで

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会