ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

BOYS AND MEN 47都道府県ツアー開幕! 研究生単独ライブでは選抜メンバーのメジャーデビューを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
BOYS AND MEN 47都道府県ツアー開幕! 研究生単独ライブでは選抜メンバーのメジャーデビューを発表

 BOYS AND MENの47都道府県ツアー【社長が言ったから有言実行!ボイメン47都道府県ツアー】が岐阜にてスタート。また、2月19日には名古屋国際会議場センチュリーホールでBOYS AND MEN研究生の単独ライブ【BOYS AND MEN 研究生ライブ 2017 羽ばたきの章】が開催され、選抜メンバーのメジャーデビュー決定が発表された。

BOYS AND MEN&研究生ライブ写真

 BOYS AND MENの47都道府県ツアーは、各地選抜メンバーにて開催。満員御礼の計350人のファンが集結した岐阜会場のメンバーは、リーダーの水野勝、岐阜出身の辻本達規、田村侑久、本田剛文、土田拓海の5人。少数精鋭で“ボイメン”らしい企画や演出でライブを盛り上げたほか、47都道府県ツアーのために用意された新曲をサプライズ発表した。今回も昭和の名曲をボイメンバーションとしてカバーしており、ライブでファンと一緒に盛り上がれる楽しい楽曲となっている。

 更に全国ツアースタートと同時にTwitter企画もスタート。BOYS AND MEN(@BOYSANDMENinfo)のTwitterアカウントをフォローして、47都道府県ツアーのライブの感想と会場名とハッシュタグ「#ボイメン47」をツイートすると、抽選で47名にツアーオフショット写真がプレゼントされる。

 そして同じく満員御礼の約3,000人が集結したBOYS AND MEN研究生の単独ライブでは、メンバー全13名が勢ぞろいした白熱したパフォーマンスを披露。オープニング映像では、現在に至るメンバーの活動写真が映し出され、今まで共に歩んできたファンは、BOYS AND MEN研究生との楽しい日々を思い出しているようだった。

 映像の最後には「2017年、いよいよ本格始動!!」の文字が。その直後、新衣装を纏ったBOYS AND MEN研究生の13名が一斉に、地下階からリフトでステージに登場。会場に響き渡る大歓声のなか、1曲目「バリバリ☆ヤンキーロード」がスタート。ライブ中盤には人気投票結果による上位5名メンバーの歌唱曲「ドドンコ Don’t worry」を全メンバーの13人Ver.で披露し、ライブ後半には、曲中にメンバーが一斉にバク転や後方宙返りなどをするアクロバティックなパフォーマンスを見せた。

 アンコール曲の終了後には、所属プロダクション社長(フォーチュンエンターテイメント 谷口誠治)がサプライズ登場し、「重大発表があります」と一言。会場の巨大スクリーンに映像が映し出された。そこには、BOYS AND MEN研究生からの選抜メンバーがテイチクエンタテインメントよりメジャーデビューするとの文面が。新グループ名とメンバー名は後日発表。メンバー全員の表情が一斉に凍りつき、その後のズッコける姿が面白かった。

◎企画情報
BOYS AND MEN 全国47都道府県ツアー企画「ライブの感想をTweetしてツアーオフショットをもらおう!」
実施期間:2017年2月18日(土)~ 5月5日(金)
当選期間:5月8日(月)~ 5月18日(木)
<注意事項>
・当選の問い合わせは受け付けておりません。
・抽選は期間内に投稿された方の中から抽選で行います。
・BOYS AND MEN(@BOYSANDMENinfo)のTwitterアカウントをフォローしてください。
当選時のDMをお送りする際に必要になります。
・必ず、会場名とハッシュタグ「#ボイメン47」を明記してください。当選の基準とさせて頂いてます。
・当選者によるDMの見落とし、期間内に必要事項の登録が完了されない方は当選無効とさせて頂き、落選数に応じて2次当選をさせて頂きます。 
※DMの登録完了に関する通知はございませんので、最後まで登録完了の画面までお進みください。
・オフォショットのメンバー指定はできません。当選者の中からランダム抽選となります。
・当選完了後、オフショットの写真ができ次第、順次発送させて頂きます。
発想の再測に関しては受け付けておりませんので、予めご理解ください。

関連記事リンク(外部サイト)

BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』インタビュー
創刊号は完売&重版! “究極のボイメン本”第2弾『ボイメンWalker2』発売決定
BOYS AND MEN 初の武道館ライブも“ボイメンらしく” 刑事/坊主/忍者にと大暴れの3時間!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。