ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

KANIKAPILA、地元福岡での初ワンマンライブが大盛況

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
KANIKAPILA、地元福岡での初ワンマンライブが大盛況

高校生7人組ガールズバンドKANIKAPILA(カニカピラ)が、2月18日福岡DRUM SONにて、地元福岡で初となるワンマンライブ「STARTLINE-さいしょのいっぽ―」を開催した。

チケットソールドアウトということもあり、フロアは超満員のなか、メンバーが登場すると2ndシングル「トラブルメイカー」で一気に会場を熱くさせていく。

YOSHIKAが「こっからどんどん飛ばしていきますよー」と言うと「ブルーブルーブルー」「ノンフィクションガール」とアッパーチューンでいきなり畳みかけ、早くも会場は大盛り上がり。

続いて「熱ガール」「ハンドレットサマー」「夏の日の思い出」と高校生にはたくさんの思い出が詰まった「夏」の想いを切り取ったナンバーで、等身大のKANIKAPILAを表現していく。

その後、インディーズの頃から歌っている「筑後川」そして「鏡の前のスーパースター」「How to MIRAI 未来の教科書」としっとりと聴かせるナンバーで会場を魅了する。

AOIから「今日からが私たちの『STARTLINE-さいしょのいっぽ―』という気持ちで歌います。」と最新シングル「茜さす風」を披露。

「今日は今までの全部を出し切って、みんなの気持ちと私たちの気持ちをぶつけて、ひとつになって最高の空間を作っていきたいと思います。」とYOSHIKAが告げ、ライブは後半戦へ。

「WEST GO! GO!」「Chaoticアイドル」「青春の答え合わせ」デビューシングル「イっちゃえ!I LOVE YOU!」とみんなで歌えるナンバーを積み重ね、文字通り会場がひとつになっていく瞬間を感じるパートとなった。

そして「デスティネーションゲーム」「カラクリ乙女のLOVE仕掛け」で会場のボルテージはMAXの中、本編を締めくくった。

アンコールでは「春風ローファー」「Let’s Go!」「KANIKAPILA」を披露し、全19曲、約2時間でKANIKAPILAの魅力を余すことなく会場と共有し初のワンマンライブを大成功に収めた。

セットリスト
1.トラブルメイカー
2.ブルーブルーブルー
3.ノンフィクションガール
4.熱ガール
5.ハンドレットサマー
6.夏の日の思い出
7.筑後川
8.鏡の前のスーパースター
9.How to MIRAI 未来の教科書
10.茜さす風
11.WEST GO! GO!
12.Chaoticアイドル
13.青春の答え合わせ
14.イっちゃえ!I LOVE YOU!
15.デスティネーションゲーム
16.カラクリ乙女のLOVE仕掛け
アンコール
17.春風ローファー
18.Let’s Go!
19.KANIKAPILA

関連リンク

KANIKAPILA オフィシャルサイトhttp://kani7.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。