ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ソニー・ミュージックスタジオにアナログレコード用カッティングマシン導入、マスター制作を開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソニー・ミュージックスタジオにアナログレコード用カッティングマシン導入、マスター制作を開始

ソニー・ミュージックスタジオが、アナログレコード製造用マスターのラッカー盤カッティングマシンを導入。アナログレコード用カッティングマスターの制作を開始する。

アナログレコードのマスター制作においては、音量・音質・溝幅などを調整してラッカー盤に溝を刻む高度なカッティング技術を必要とするが、この度、デジタル音源での音質・音圧の調整に長けた現役のマスタリング・エンジニアが当技術を習得。また、カッティング専用ブースをレコーディングスタジオと同フロアに設置したことで、スタジオでの演奏をその場でミックスし、そのままラッカー盤にカッティングしてマスター制作を行うという制作方式である「ダイレクトカッティング」にも対応可能とのこと。

ソニー・ミュージックスタジオでは、CDや配信音源などの制作で培ったデジタル技術と融合させることによって、より進化したアナログ音源の制作とカッティングを目指すとしている。

ソニー・ミュージックスタジオ
http://www.sonymusicstudio.jp/

関連リンク

ソニー・ミュージックエンタテインメント

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。