体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなところに鳥居!?弁天島のシンボル!赤鳥居が大人気のワケとは?(静岡)

生活・趣味
201702017_akatorii003

浜松市の西部に位置する浜名湖。約500年前の大地震と津波によって海とつながり、海水と淡水の混ざった珍しい汽水湖でもある浜名湖は、豊かな生態系と美しい自然を有する、さまざまな楽しみ方のできるエリアです。

その浜名湖のもっとも海に近いエリア、南浜名湖に浮かぶ弁天島のシンボルタワーとして高さ18mの大鳥居が造られたのは昭和48年のこと。

季節や天気、潮の満ち引きなどによってさまざまに違う表情を見せてくれる赤鳥居は、観光にぴったりなだけでなく、絶好のマリンレジャーポイントでもあります。

赤鳥居のある「いかり瀬」へは、弁天島海浜公園から渡し船で渡ることができます。気軽に遊びに行ってみよう!

冬の赤鳥居に沈む夕陽は感動的な美しさ

美しい景観と、海の幸に恵まれた南浜名湖のシンボル的存在である赤鳥居。

対岸にある弁天島海浜公園と、赤鳥居の立つ天然の干潟である「いかり瀬」は人々の憩いの場所です。

11月~1月頃には、赤鳥居の間に夕陽が沈んでいく姿が見られ、その神秘的な光景は感動的!撮影スポットとしても人気です。赤鳥居 夕陽が赤鳥居の間に沈む姿を見られるのは秋~冬にかけて赤鳥居

日中の景色はこんな感じ

お手軽に非日常体験

いかり瀬へ磯遊びに行こう!

4月~8月末までの温暖な時期は、弁天島海浜公園発着の渡し船に乗って、赤鳥居の立つ弁天島の天然の干潟、「いかり瀬」へ磯遊びに行くことができます。船の所要時間は数分という近さなので、とってもお手軽。

干潮時に現れる潮だまりには、取り残されたカニや小魚、ヒトデやクラゲ、ゴカイなどの生き物がいっぱい!家族連れにもぴったりのレジャーが楽しめそうですね。

まるで無人島に上陸したようなワクワク感が感じられる、ちょっとした非日常体験ができますよ!磯遊び

広々とした干潟でちびっこも安心して磯遊びが楽しめます

魅力いっぱいの浜名湖湖上遊覧

弁天島海浜公園の船着き場発着の渡し船「浜名湖湖上遊覧」は、赤鳥居のある「いかり瀬」に渡るだけではなく、希望に応じて南浜名湖の遊覧もしてくれます。

遊覧の所要時間は30~40分。船の上から雄大な南太平洋や、赤鳥居のサンセットを見ることができます。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会