体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!富山の人気お土産13選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

鱒寿司

ご当地のオイシイものは、やっぱり地元の人が知っている!

あなたの旅のお土産選びをもっとスムーズにするべく、『じゃらん編集部』が地元民の声を集めた「美味しいお土産ベスト10」を発表☆

ランキングの他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

職場や彼氏やお友達、そして自分へのお土産探しに活用してみて♪

ご紹介するのは、北陸新幹線の開通も記憶に新しい富山県。

お土産ベスト10は日本海の恵みを活かした加工食品、レトロなパッケージが可愛い銘菓など、バラエティ豊かなラインアップとなりました。さっそくチェックしてみてね!

【9位】鹿の子餅

鹿の子餅 鹿の子餅

富山県産新大正餅米と新鮮な卵白を原料に北海道産密漬け金時豆を子鹿の模様にあしらった生菓子。ふんわりと柔らかく、口の中にいれるとすーっと溶けるような軽さが特徴。真っ白な餅は、富山の立山連峰に積もっては消える淡雪をイメージ。中の金時豆は、3~4日かけて中心までゆっくりと蜜を煮含め、上品な甘みと歯ざわりが絶妙だ。 価格:1,512円(10個)

販売元:富山不破福寿堂

【9位】鮨蒲

鮨蒲

かまぼこに寿司ネタを載せた「鮨蒲」。独自のかまぼこ文化が根付く富山県で、何か新しい付加価値のあるものができないかと試行錯誤の上誕生。紅鮭、アナゴ、甘エビなどが載ったビジュアルは鮨そのものだ。「見た目にも楽しくいろいろな味や風味が楽しめる」「ちょっと珍しくおいしい」などのコメントにもあるように、他にはなかなかない逸品。 価格:1,702円(2本)

販売元:河内屋

【8位】とこなつ

とこなつ とこなつ

希少な「備中白小豆」餡を求肥で包み、和三盆糖を雪に見立てて振りかけた餅菓子。口に入れると和三盆糖がすっと溶け、次に白小豆独特の上品な香りが口いっぱいに広がる。緑茶との相性は抜群だ。「とこなつ」の名は、立山の雪に思いを馳せた大伴家持の詩に因んだもの。明治期より大野屋の看板商品として作り続けられている高岡銘菓。 価格:972円(12個)

販売元:大野屋

【7位】反魂旦(はんこんたん)

反魂旦 反魂旦
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。