ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

メディアドライブ、自動トリミングカメラアプリ「とりかめ」のAndroid版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

メディアドライブは 2 月 20 日、撮影すると自動的にトリミングして被写体部分だけを画像として記録するデジタルデータ化に適したカメラアプリ「とりかめ」の Android 版をリリースしました。「とりかめ」は自動で被写体の周囲をカットするカメラアプリで、イベント掲示物や名刺、ポスター、ノートなどを撮影すると、対象の四角い部分を認識して周囲をカットし保存します。アプリの「自動撮影」を有効にすると、スマートフォンを被写体にかざすだけで撮影、トリミング、保存を行うので撮影する機械が多い場合でも簡単かつスピーディーにデジタルデータ化できます。アプリには色合いの補正機能も搭載しており、文字を際立たせる補正や写真として綺麗に見せるための補正を加えることもできます。「とりかめ」(Google Play)

■関連記事
J;COM mobile、Android 7.0タブレット「LG G Pad 8.0 III」と「arrows M03」を3月に発売
dTV、VRホラーの第一弾「サディスティック・サーカス VR」を公開開始
KDDI、泡ソープで丸洗いできる「rafre KYV40」を2月24日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。