ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マルーン5「コールド feat.フューチャー」、最先端のヒップホップ・ソング(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マルーン5「コールド feat.フューチャー」、最先端のヒップホップ・ソング(Song Review)

 2016年10月にリリースされ、現在も大ヒット中のシングル「ドント・ワナ・ノウ」に続く、マルーン5の新曲「コールド」が、2月14日にリリースされた。この曲は、ドレイクやリアーナなどの作品に参加し、人気を高めたラッパー、フューチャーがゲストとして参加していて、これまでリリースしたマルーン5のシングル曲にはなかった、トラップ調のナンバーに仕上がっている。

 ボーカルのアダム・レヴィーンを中心に、フィフス・ハーモニーやニック・ジョナスなどの人気シンガーを手掛けるジョン・ライアン、リアーナやザ・ウィークエンドのNo,1ヒットを生み出した、ベニー・ブランコ等が制作。サビで聴かせるアダムのファルセットと、フューチャーの男気溢れるラップの対比がすばらしい、最先端のヒップホップ・ソングだ。

 2月15日に公開されたミュージックビデオは、映画のワンシーンのような作りで、パーティーに招かれたアダムが、ウイスキーのような飲み物を飲んだ後、景色が歪んだり、女性が謎の生き物に見えてしまうという、ドラッグ使用を思わせるようなストーリーになっている。大ヒット曲「シュガー」(2015年)のビデオと比較すると、とても同じアーティストとは思えないような内容で、マルーン5の新たな一面を垣間見る。

 大ヒットを記録した5thアルバム『?』のリリースから、間もなく3年が経とうとしている。トロピカルハウス調の前シングル「ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー」と、新曲「コールド feat.フューチャー」は、おそらく今年中にリリースされる、6枚目のスタジオ・アルバムからの先行シングルで、新作は夏までには発売されるだろう。ちなみに、ゲストとして参加したフューチャーは、2月17日に5作目のスタジオ・アルバム『フューチャー』をリリースしたばかりだ。

Text:本家一成

関連記事リンク(外部サイト)

マルーン5のアダム・レヴィーン、ハリウッド殿堂入りを果たす
オマリオン「ディスタンス」、アフリカンミュージックの要素を取り入れたダンスナンバー(Song Review)
メジャー・レイザー、2017年初のシングルは躍動感あふれるナンバー(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。