ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ワジーエフ率いる新生ボリショイ・バレエ、「ジゼル」「白鳥の湖」「パリの炎」来日公演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ワジーエフ率いる新生ボリショイ・バレエ、「ジゼル」「白鳥の湖」「パリの炎」来日公演

 2017年6月、世界三大バレエ団の中でもトップの存在感を誇り、ロンドン、パリ、ニューヨークなどに定期的に招かれ讃えられるボリショイ・バレエが来日する。今年は初来日から60年という、ボリショイ・バレエ団にとっても節目の年。バレエ団の今回の公演にかける意気込みも膨らんでいる。

 今回発表された来日メンバーは、舞踊監督として最初のシーズンを迎えるマハールベク・ワジーエフ氏によって決められたものだ。記者会見で「我々の新しいスターに出会って欲しい、好きなダンサーの新境地を見て欲しい」と話した”新生ボリショイ”。

 オブラスツォーワやザハーロワのスーパースターを始め、看板ダンサーのクリサノワはもちろん、若手プリンシパルの筆頭ラントラートフ、注目度高まるステパノワなど、多彩なダンサー陣での来日となる。

 悲劇が心揺さぶる「ジゼル」、華やかさと静謐さで魅せる「白鳥の湖」、世界で熱狂を巻き起こしようやく日本に上陸する「パリの炎」。ダンサーのみならず、オーケストラ、舞台スタッフ総勢230名が”ボリショイ”の名をかかげて来日し作り上げる舞台。華々しく舞い、雄弁に語る、ボリショイ・バレエの真髄を、心ゆくまで楽しみたい。

◎公演概要
ボリショイ・バレエ日本公演
2017年6月4日(日)~6月15日(木)東京文化会館
「ジゼル」全3公演
「白鳥の湖」全5公演
「パリの炎」全2公演

photo by (C)Damir Yusupov

関連記事リンク(外部サイト)

ボリショイ・バレエ団のライブビューイング、映画初上映の作品も
新国立劇場バレエ『ロメオとジュリエット』言葉より雄弁なマイムが物語を紡ぐマクミラン版
初音ミクがバレエダンサーに! 冨田勲追悼特別公演の画像を初公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。