ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『2月18日はなんの日?』西海岸の最重要人物、ドクター・ドレーの誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『2月18日はなんの日?』西海岸の最重要人物、ドクター・ドレーの誕生日

 2月18日はアメリカ西海岸のヒップホップ・シーンで絶大な影響力をもつプロデューサー、ドクター・ドレーの52歳の誕生日。

 近年は人気ヘッドホン・ブランド「ビーツ」のボスとしてもすっかりおなじみとなったドクター・ドレーだが、1990年代の西海岸においてギャングスタ・ラップの中心人物として頭角をあらわし、スヌープ・ドッグや2Pacらとともに西海岸ヒップホップをシーンの中心に押し上げ、90年代末にはエミネムをシーンに送りだしプロデューサーとしての地位を不動のものとした。

ドレーを語る上では、どうしても“プロデューサー”としての側面が大きくなりがちだが、1993年にリリースしたソロ・デビュー作『ザ・クロニック』は、今もヒップホップを語る上で欠かせない歴史的名盤。全米ビルボード最高位2位、売り上げはトリプル・プラチナムを記録し、“Gファンク”という言葉を生み出した傑作は、ドレーのことをたんなる「プロデューサー」「ヘッドフォンの人」と思っている非リアルタイム世代の若いリスナーにこそ聴いてほしい1枚である。しばらくプロデュース業に専念していたドレーだが、2015年には16年ぶりの新作にして最後のスタジオ・アルバム『コンプトン』を発表している。

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ゲーム 全米2位記録!ドクター・ドレー、ドレイク、ケンドリックら参加の最新作が2枚組特別仕様で発売
ドクター・ドレー、未発表曲「Naked」をBeats 1の番組で公開
リンキン・パーク、11月に来日公演が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。