体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症の方の暴言や暴力との付き合い方~あるグループホームの話~

私は現在、認知症高齢者の生活支援を目的とするグループホームで働いています。利用者のひとりDさん(85歳)は、認知症の他に若いころから統合失調症の病気をお持ちです。統合失調症の薬を常用されているのですが、他の利用者様や職員に対して、暴言やときには暴力を振るうようになりました。

グループホームのような集団生活の場では、和を乱す症状が出た利用者様には退所していただき、別のふさわしい施設に変わっていただくのが原則です。しかし、私たちのグループホームは、施設長の方針が「普段の生活ので困った行動をする人のお世話をするのが、私たちの施設」というもので、Dさんを施設から出そうとはしません。

今日取り上げたいのは、Dさんと私たちが今現在、どのようにおつきあいしているか、ということなんです。それでは早速お話させていただきますね。※Dさんを退所させるべきかどうかはとても難しい問題で、今日の話題ではありません。

処方された薬によりさらに症状がひどく…

職員たちがどのように接したらいいか困り果てている中、Dさんは精神科にかかることになりました。私たち職員は、Dさんの暴言や暴力は明らかに統合失調症という精神疾患のせいだと思っていたのですが、お医者様はあくまで認知症が原因と判断し、薬が処方されることになりました。

少ないグラム数から始まり、結局効果が出たのは処方できる最大のグラム数で、それを常用することになったのです。薬を服用するようになった最初はおとなしかったDさんでしたが、何ヶ月かすると、結局元に戻ってしまいました。しかも、よりパワーアップして。つまり、暴言や暴力が以前よりひどくなってしまったのです。(薬の服用は続けておられますが、体が薬に慣れてしまうということがあるとのことです。)

暴言や暴力の原因って?

認知症の方の暴言や暴力には、必ず原因があるのが特徴です。その原因は、その場で起こったこととは限りません。胸のなかにモヤモヤしたものを感じ、暴言や暴力の原因のひとつとなるのです。モヤモヤを感じたときにそれが解決されないと、その何時間か後、あるいは数日後に出ることもあるのです。

Dさんは、ご自分の生活の中では散歩と入浴に特にこだわっておられ、しかも生活のリズムをきちんとすることがお好きです。Dさんは、毎日午前と午後に散歩をして入浴も毎日したい、と思っておられるのです。

じつは、認知症の方は自分の都合を何より優先されます。私たちの施設では職員が同行しないと散歩できないのですが、職員には日常の業務もあり、いつもDさんの散歩のお相手ができるとは限らないのが現状です。Dさんが「散歩に行きたいんだけど」とご自分の居室から出てこられたとき、どんな対処の仕方をするか、が職員たちの悩みのタネなのです。

もうひとつ、認知症の方の症状の特徴として、理屈が通らない、ということがあります。「散歩に行けないのは、同行できる(手が空いている)職員がいないからだ、とDさんに話しても、Dさんには全くその理屈が理解できません。

介護従事者ができる対応

職員にできることは、あの手この手でDさんの気持ちを散歩から逸らすことです。しかし、Dさんには意識のしっかりしたところが残っているので、「そんなことはどうでもいい、俺は散歩がしたいんだ」と言われてしまうこともしばしばです。

大事なことは「散歩がしたい」という心のモヤモヤを解決することなので、「○時になったら職員の手が空きますから、それまで待っていてね」というのが有効なときもあります。しかし、職員の手が足りない日は大変で、「明日にしましょうか」とか、レクリエーションのプリントや塗り絵を勧め、「○○さん(管理者※)が出てくる日まで待ってね」と、話してみたり…

※Dさんは、職員の立場をよく把握しておられ、管理者が立場が上であることを知っているので、管理者と一緒に何かをするということをとても光栄だと思っているのです。ですので、何かあったら「○○さん(管理者の名前)が明日来るから頼んでみましょう」という手も有効だったりします

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。