ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

産後の私を案じて、早く旅立ったの…? 妊娠7ヶ月で看取った母が残してくれたもの

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

今年の1月、肺癌で母を亡くしました。

その時、私は妊娠7ヶ月。

この子が産まれるまでは頑張ると約束したのに…病気が分かってから、たったの5ヶ月で旅立ってしまいました。

しかし、悲しみに暮れてばかりはいられません。

葬儀を終えると待っているのは容赦ない手続きの数々。

父は私が産まれて間もなく亡くなっていたので、一人っ子の私は大きくなってきたお腹を抱え、仕事の合間をぬってあちこちに出向きました。 関連記事:「よく頑張ったね」って言ってほしかった‥。 孫の誕生を誰よりも楽しみにしていたお母さん

併せて2歳の娘のお世話もあります。

自己主張も出てきて目が離せない時期です。保育園からいっぱい病気も貰ってきます。

私も何度も風邪をひいたりと、全くお腹の子を気遣うことが出来ませんでした。

産前休に入り、ある程度母のことが片付いてきてホッとした頃、予定日より二週間早く破水し、男の子を出産しました。

しばらくして、出産の時に担当してくれた助産師さんが部屋に様子を見に来てくれた時、「胎盤と臍帯がちぎれかけていたんだよ」と教えてくれました。

居心地の悪いお腹の中でジッと我慢していたのかと思うと、申し訳ない気持ちと、よく無事に産まれてきてくれたなぁと有り難く思いました。

母は生前、病院へお見舞いに行く度に、私のお腹をさすりながら「良い子、良い子、頑張れ」と言っていました。

自分が一番苦しいのに、いつも私達を気にして心配ばかりしていました。

息子が無事に産まれてきたのは、母のエールが息子に通じたからだと思います。

息子が産まれるまで生きてて欲しいと願っていました。顔を見せてあげたかった。

でも実際は、産後の体で産まれたばかりの子供を抱えたままでは、お見舞いすら出来ず、何かあってもすぐに駆けつけることも出来なかったでしょう。

そう考えると、母は私のことを思って少し早く旅立ったようにしか思えないのです。

私が困らないように身の回りを整理し、自分が居なくなった後のことまで準備しようとしていた母。

母親とはこういうものだと教えられた気がします。

命をかけて私達を守ろうとしてくれました。その生き様は見事で一生かけても越えることは出来ません。 関連記事:「あなたは私を超えたのよ」尊敬する母が出産直後の私にくれた言葉は、育児生活の支え

著者:KR母

皆さんの体験記を読みながら、笑ったり泣いたり、励みにして育児奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「ママといっちょにかえるの…!」抱っこしてほしい盛りの2歳でお姉ちゃんになった娘
母親ってすごい!マタニティーブルーをたった一言で救ってくれた母に感謝
息子と娘への態度があからさまに違う義父。同じように可愛がってほしい親心

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。