ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

34週、ただいま妊娠糖尿病の治療中! 食事制限のストレスを溜めない工夫あれこれ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

現在妊娠34週の妊婦です。妊娠糖尿病の診断を受け、食事療法と血糖値測定、必要時インスリン注射を行なっています。

はじめ、23週の健診で受けた妊娠糖尿病のスクリーニング検査で陽性となりました。

その後再度検査をし、2時間後の血糖値が基準値を上回ってしまい、妊娠糖尿病と診断されました。

妊娠前のBMIも普通、25週の時点でも体重は2キロくらいしか増えていなかったですし、これまで健康診断でも問題なかったので、自分がまさか!という気持ちでショックでした。

祖父も父も糖尿病で内服しているので、遺伝的な素因があるのかもしれません。 関連記事:外出好きの私、切迫流産で自宅安静。その不安とストレスから妊娠糖尿病に!

診断を受けてから、内科の糖尿病専門医の先生にも診察をしていただき、栄養士さんから食事療法の指導を受けました。

その後、後期になると血糖値が上がりやすくなるのでということで、内科の先生の指示で31週の健診後から、食後2時間の血糖値測定をし、140を越えた場合はインスリンを2単位打っています。

内科の先生は、「採血の結果をみるとそんなに高くないと思うから、インスリンは必要ないかもしれないけど…」と言っていたのですが、その頃は産休に入る前で仕事も忙しく帰りが遅くストレスもあり、測定をはじめて2日目の夕食後に170を越える値が出てしまいました。

自分でお腹にインスリン注射を打ちながら、

「昨日と同じようなものしか食べてないのにどうして」

「赤ちゃんは大丈夫なのか」

「妊娠後も血糖値が高いままだったらどうしよう」

と、不安で涙が出てきました。

その後、野菜を多めにバランスのよい食事を心がけるようにし、32週で産休に入ってからは食後2時間の血糖値は80~120で安定してきています。

赤ちゃんのために、頑張らなくちゃと思っているところです!

でも…正直なところ、いくら赤ちゃんのためとは言え、食べることが好きな私はクリスマスケーキも、お正月のお餅も、大好きなラーメンやお寿司も我慢しなければならないのがとても辛いです。

産休に入ったら、しばらくは行けないだろうからオシャレなレストランにもいきたいなぁと思っていたし、食べてはいけないと思えば思うほど、あれもこれも食べたくなっちゃうんですよね…。

それで、パンが食べたいときはローソンの低糖質パン、おやつや甘いものを食べたいときは、ソイジョイやぐーぴたのクッキー、低糖質プリン、0キロカロリーゼリーなど食べるようにしています。

おからパウダーを使ったお餅やお好み焼きなども作ってみましたが、そちらもなかなか美味しくできましたよ。

また、たまに外食したいときは、野菜やタンパク質もしっかりとれるメニューをお昼に食べて、食後はお買い物にいき、お店の中を歩き回ってくるなどすると血糖値は高くならないようです。 関連記事:『バランスのとれた食事』ってどういうこと? 痩せの大食いが妊娠糖尿病になるなんて

出産まであと少し、ストレスを溜めすぎないように工夫しながら、食事管理に気をつけていきたいなぁと思います。

著者:えんぴつ

はじめての出産で、妊娠糖尿病と診断され、ただいま食事療法を頑張ってます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

他人事だと思っていた「妊娠糖尿病」。食事制限で自由だった食生活が一変!
私が妊娠糖尿病?!
三日坊主の私の、三日ではすまない闘い!妊娠糖尿病で徹底的なカロリー制限

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。