ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

テイ・トウワ&DOTAMA、ATCQを語り尽くす!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

テイ・トウワ&DOTAMA、ATCQを語り尽くす!
J-WAVEで放送中の「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」(ナビゲーター:グローバー)。毎週、2組のゲストが登場し、1組の「レジェンド・ミュージシャン」をテーマに、ここでしか聞けないアツい音楽トークを繰り広げていきます。2月18日(土)のオンエアでは、ゲストにテイ・トウワさんとDOTAMAさんを迎えました。

今回、取り上げたレジェンド・ミュージシャンは「A Tribe Called Quest」(以下、「ATCQ」)です。ATCQは、1988年に結成されたアメリカを代表するヒップホップグループ。2度の解散を経て、2016年に18年ぶり6枚目のアルバムとなる「We Got It From Here…Thank You 4 Your Service」を発売、全米アルバム・チャート初登場1位となりました!

そんな彼らの、1991年発売のセカンドアルバム「The Low End Theory」は、今回、テイさんとDOTAMAさんが揃って挙げた、もっとも好きなアルバムなのだとか。

90年にデビューしたATCQとは同期というテイさん。時間を空けてから聴いた本作に「やられたな」と、作品の色褪せない完成度に改めて感動した様子。一方、20歳の頃に、ジャズのビートを使用した楽曲制作に悩むなかで本作に出合ったというDOTAMAさん。その作品の完成度に「感動した反面、凹みました」と苦笑していました。また、もっとも好きな曲に、サードアルバム「Midnight Marauders」から「Award Tour」を選曲したお二人。世代も、歩んできた環境も、全く違う二人ですが、ぴったりと好みが合うのが不思議ですね。

さらにDOTAMAさんは、ATCQが日本のヒップホップシーンに与えた影響について「ヒップホップが好きだ、という情熱だけをモチベーションにして、音楽がやれるということを浸透させてくれた」とその魅力を語りました。一方のテイさんも、今回の新作を聴き、改めてATCQは「音楽が好きなんだな」と感じたそうです。

「“いい音楽”って…人によって違うと思うんですけど、じゃあ逆に、“悪い音楽”って何かというと、モテるための音楽だったり稼ぐための音楽だったり」(テイさん)

どういったモチベーションで音楽を作るかは人それぞれですが、ATCQは純粋に音楽が好きという気持ちに向き合っているようですね。

最後には、それぞれが思うATCQのキャッチコピーを発表。まずテイさんが発表したのが「モテる音楽」。モテるための音楽が悪い音楽と言ったばかりだったはずのテイさん…(笑)。これには、DOTAMAさんも「すごいどストレート(笑)」と騒然としていました。そしてDOTAMAさんは「音楽愛そのもの」と発表。真面目な回答に、感動するグローバーでした!

このほかにも、ATCQの裏話や楽曲の話を語ってくれたお二人。ATCQについてもこれからもどんな音楽を届けてくれるのか、目が離せませんね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」
放送日時:毎週土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。