体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地取材】日本のユーゴデノワイエを楽しむならパリのユーゴデノワイエにも行きましょう

hugo-desnoyer-paris3

日本のユーゴデノワイエを楽しむなら、パリのユーゴデノワイエにも行きましょう。なぜなら、そのスピリッツと「こだわり」は同じものの、料理やクオリティが大きく違うからです。日本のユーゴデノワイエをディープに楽しむなら、パリのユーゴデノワイエも知っておく必要があるのです。そう「違いを楽しむ」ということです。

・本場シェフがふるまう本格的なフレンチ
パリには複数のユーグデノワイエが存在しますが、基本的にどこもカジュアルスタイルで気軽に入れる雰囲気。お値段も日本より低価格で、そして本場シェフがふるまう本格的なフレンチが堪能できます。よりお安く食べた水なら、ランチタイムがおススメです。

hugo-desnoyer-paris17 hugo-desnoyer-paris16 hugo-desnoyer-paris15 hugo-desnoyer-paris12

・せっかくですから全部注文
ランチは16ユーロ、22ユーロ、27ユーロからセットを選ぶことができ、もちろん一番リッチな27ユーロのセットはユーゴデノワイエのイチオシをとことん堪能できる贅沢なもの。

セットは前菜、メインディッシュ、デザートで構成されています。ハンバーガーメニューもありますよ。今回は、せっかくですから全部注文してみました。

hugo-desnoyer-paris14 hugo-desnoyer-paris13

・肉エキスとの相乗効果で極上の肉汁に!
ハンバーガーはいたってシンプル。しかしながら、シンプルだからこそ肉とパンの美味しさが際立ちます。そもそも、ユーゴデノワイエは美味しいお肉屋さんが主体。

余計なものがなくとも、美味しいお肉とシェフのスキルで絶品に仕上がってしまうのです。添えられているフルーツペーストをハンバーガーに塗って食べれば、肉エキスとの相乗効果で極上の肉汁と化します。そして幸せが訪れる。

hugo-desnoyer-paris11
1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。