体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うなぎが高ければ山芋を食べればいいじゃない! 普茶料理の「もどき蒲焼」で子どもも納得するか試してみた

f:id:uralatokyo:20160819143529j:plain

なんせ貴重な食材ですから

連日の残暑に負けちゃいかんと、家族にナイショでうなぎを食べに行ったときの話です。ええ、こう見えても一家の大黒柱ですからね、フンパツして松竹梅の「竹」をオーダーしましたよ。野口先生を3人出して、お釣がちょろっと返ってくるくらいの値段です。

で、やってきたうな重様! 嬉々としてお重のふたを開けたら「あンれぇ、小っちゃくねっ!!」。味のり2枚分くらいのサイズ……、というのはさすがにオーバーですが、体感的にはそんな感じですよ。まあ、絶滅が危惧されている貴重な食材ですから仕方ないですが、もし家族連れで来店していたらと思うと……、自分の懐が先に絶滅しかねません。

中国式精進料理に「もどきうなぎ」があるらしい!

懐を気にせずうなぎを食べる方法はないかな~なんて考えていたら、普茶料理なるものの存在を知りました。普茶料理とは、江戸時代初期に明の僧であった隠元禅師によってもたらされた中国式精進料理のこと。

その代表的なメニューといえば、みなさんもご存知の胡麻豆腐。そんな普茶料理の中には、山芋などの野菜を使った「もどきうなぎ」があるというじゃないですか! それなら1人一尾食べたって食材費は知れてます。さっそく自宅で挑戦。「父ちゃんがうなぎを食わしてやる」と偽って、子どもたちに振舞ってみました。

「もどきうなぎ」の作り方(2人分)

f:id:uralatokyo:20160819153454j:plain

材料
大和芋 100g
レンコン 50g
ゴボウ 30g
豆腐(水切りしたもの) 1/4丁
焼きのり 半切2枚
片栗粉 大さじ1杯

調味料
蒲焼のタレ(市販品)

f:id:uralatokyo:20160819143332j:plain

豆腐以外の材料の皮をむいたら、ざく切りにします。次にすべての材料をフードプロセッサー(なければおろし器ですりおろし)にかけます。

f:id:uralatokyo:20160819143334j:plain

材料がペースト状になればOK! ゴボウ入れるのはツブツブの食感がうなぎの小骨っぽいからみたいっす。

f:id:uralatokyo:20160819143336j:plain

のりを準備しましょう。うなぎの皮に見立てるので、尾に当たる部分をそれっぽい形に切っておきます。

f:id:uralatokyo:20160819143340j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。