ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

3人目の今度こそ女児!「神様でも間違える事あるのね」と思いながら出産、すると…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170218143615j:plain f:id:akasuguedi:20170218085757p:plain

私が、3人目を妊娠した時のことです。

私は、早くから性別が知りたくて、妊婦健診のたびにワクワクしながら医師に聞いていました。

上の子達が皆男の子なので、次こそは女の子と期待に胸を膨らませて、大きくなるお腹にいつも語りかけていました。

そして、何度目かの検診での事です。

今日こそは性別がわかるかなぁ~と期待して病院へ。

いざエコーになり、ワクワクしながら医師に

「先生!今日こそはわかりますか?どっちなんですか?早く教えて~」

とはしゃいでいたら、先生が

「ん~…。女…の子…かな…。いや…きっと女の子でしょう。おめでとう!」

その瞬間。

「やった!!私ついにやったよ!!やった~~!!」

と天にも登る勢いで叫んでいました。

でも、男の子ならシンボルが見えるから、ほぼ間違い無いと言われるけど、女の子と言われるのはまだ怪しい部分もあると思いつつ、『きっと大丈夫!女の子だ』と信じて、産まれた時のお洋服やら小物など女の子に合うものを買いに行くのを楽しみにしながら、検診が来るのを今か今かと待っていました。 関連記事:もはや執念?!どうしても女の子が欲しくて、ありとあらゆる産み分け法にトライ

そして、戌の日に近所の神社にお参りに行き、よく当たると言われているクジを引く事にしました。

そのクジは、竹串でできていて、竹の節が1つなら男の子、2つなら女の子といわれているものでした。

前回、上の子達の時、二人とも竹串の節が1つで見事に的中!!

さすが神様わかってらっしゃる~と感心したのを覚えていたので、今回も前回同様クジを引いてみました。

そしたらどうでしょう…。あろう事かその竹串に節が1つしか無いではないですか…。

「え?は?あれ?今回どうした?…ははあーん…さては神様でも間違える事があるのね!まぁ最近の文明の力は凄いから、如何なる神様でもさすがに科学には敵わないか」

なんて思っていました。

そして、結局出産ギリギリの妊婦健診まで、十中八九女の子と言われ続けて、いざ出産が始まりました。

3人目ともなると出産も早くあっという間に産まれました。が、普通なら

「はい、おめでとう女の子ですよー」と声がかかるはずが…何も聞こえてこない。

意識朦朧する中、必死に

「先生!!どっちですか?!」

と叫んだら、先生は申し訳なさそうに

「あっっ!ご、ごめん男の子…」

その瞬間…

「…」

脱力…。声も出ませんでした。

赤ちゃんに管を通して呼吸を確保して、すぐお腹の上に乗せられた時、可愛い我が子に あきらかに戸惑いつつも

「そっか、元気で産まれてくれて良かった…。男の子…大歓迎だよ~…」(←内心複雑) 関連記事:三人目も男子確定!半端ない「やっぱり感」を吹き飛ばした、「同性きょうだい」の魅力 byマルサイ

今では立派に育ってくれた息子達。

結局4人目も男の子だったけど、女の子は孫に期待しま~す。

ちなみに 「神様、あなたを疑ってすみませんでした」

著者:ミィ

20歳で結婚出産 3児をもうける

31歳で離婚

34歳で再婚1児をもうける

全員男の子

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

思わずお腹に「早く産まれてよ!」のんびり屋の次男を待ちわび、予定日当日ついに…
初めて産婦人科に行ってみて。
妊娠発覚~初めての産婦人科~

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。