体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユーチューバーの“実態”を体験!? 経営SLG『Youtubers Life』で名声と充実を掴め!

動画の時代である。ゲームメディアで文章を書かせていただいている身分だが、あえて言おう。いまや流行は文章だけではなく、動画でもって決まる時代だ。ゲーム実況者・ユーチューバーこそ、新たに登場した流行の旗振り役なのかもしれない。ゲームに限ってみても、その影響力は大きい。

image02
 
現在ではユーチューバーが属する「UUUM」 などのプロダクション企業の出現や、また海外のリズムローグライクゲーム『Crypt of the Necrodancer』の作者であるRyan氏は、もぐらゲームスにて以前に行ったインタビューなどで、ゲーム実況に関してのプラスの側面を述べている。

Ryan氏へのインタビュー:
「ゲーム実況者に感謝したい」―『ネクロダンサー』制作者インタビュー

もちろん、どのようなゲームでも実況が売上に結びつくか、という部分は明確ではない点があるものの、少なくとも制作者に好意的に受け入れられている側面や、一定の影響力は存在しているようだ。

だが、その影響力とは裏腹に、日本のゲーマーの中には、ユーチューバーを敬遠されている方もいるかもしれない。ユーチューバーを敬遠する理由は人によって様々であろうが、その多くは「好きなことを適当にやって金が稼げるのだから楽だよな」という思いだろう。

しかし、果たしてユーチューバーという職業は本当に楽なのであろうか?今回紹介する『Youtubers Life』はそんなユーチューバーを疑似体験できるゲームだ。
image14

『Youtubers Life』はスペインのインディディベロッパー「U-Play Online」が開発した経営シミュレーションゲームだ。Steam Greenlightと早期アクセスを経て、先日の2017年2月3日にフルリリースとなった。

「U-Play Online」はモバイルゲームを専門に開発してきたディベロッパーで、本作が同ディベロッパー初のPC向け作品だ。日本語を含めた多言語対応も早期アクセス中になされており、本作が同ディベロッパーの世界へと事業を拡大する挑戦だったようだ。その挑戦は見事成功を納め、本作は2016年のSteamベストセラーTOP100入りを果たす人気作となった。

ちなみに、日本語化については誤訳やミスがあり遊びづらさを感じるかもしれないが、十分遊べるレベルだ。

意外と大変!動画制作の工程をゲーム化!

 
image16
 
さて、そんな本作の特徴はなんといってもユーチューバーという特殊な職業をゲームへとしっかり落とし込んだところだ。

ユーチューバーの仕事をざっくり見れば、動画を制作、公開して広告収入を得ているわけだ。が、その動画の内容は千差万別だ。ゲーム配信でいえば、ただ単に遊んでみただけなのか、攻略動画のような踏み込んだ内容なのかで全く違う。

本作はこうした動画という様々な形を持つ成果物の制作工程を、「ネタ選び」「動画の方針決定」「撮影」「編集」と段階に分けてシステム化。あたかも本当に動画制作を行っているような雰囲気を感じるゲームプレイへと昇華している。このゲームの基本的な流れを追いながら、そのゲームシステムを見ていこう。
image00
 
ユーチューバーとして動画を作るにあたって最初に行うのはなにか。それはネタ選びだ。

本作は現在ゲーム動画、音楽、料理という3つのジャンルのチャンネルを運営することができる。全く違うチャンネルであるが、基本は同じだ。ゲームであればどのゲームを選ぶか、音楽ならばどんな曲を演奏するか、料理ならば何を作るか。まずはそれを決めねば話は始まらない。もちろんゲームにせよ音楽にせよ料理にせよ、世間の流行が存在する。この流行を押さえてネタを選んでこそ動画の再生数アップにつながるわけだ。このあたりは経営ゲームらしい部分だろう。

image06
 
さて、動画のネタが決まったところで次はそのネタをどんな動画にするか決めねばならない。歌ってみたなのか、演奏してみたなのか、はたまたオリジナル楽曲なのか。いやいやセッションするという選択肢もある。どんな動画なら人気が出るのか?動画の方針が再生数を左右する。

もちろん発売してずいぶん経ったゲームのファーストインプレッション動画を撮ったり、下手なゲームのスピードラン動画を撮ったりしたところで反感を買うだけだ。時流や自身の状況も鑑みて動画の方針を決めよう。

image05
 
だが、ユーチューバーデビューしたてでいきなり高度な動画を撮ることはできない。動画を何度も撮影し、スキルを高めることで様々な動画に挑戦できるようになる。このゲームにはレベルが存在し、レベルアップに応じてスキルポイントが手に入る。これをスキルツリーに割り振ることで、様々な動画を撮ることができるようになる。自分がどういうユーチューバーを目指しているのかでスキルビルドが変わってくるだろう。この辺りはかなりゲーム的な味付けがなされている。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。