体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『明治 プチパック 5種類』定番チョコのオールスターが揃い踏み!目印は食べきりサイズの三角パッケージ!!

株式会社明治の人気チョコレート「チョコベビー」「マーブル」「アポロ」「たけのこの里」「たけのこの里 いちご」の5種が、三角形の『明治 プチパック』になって発売中。お店に“新発売”の札があったものの、どうやら新商品ではない…!?なんて噂もありつつ、これも何かの縁!ということで、さっそく検証スタート!!

三角形がかわいい食べきりサイズのチョコレート

『明治プチパック 5種類』は、テトラ型が特徴的な食べきりサイズ。片手にちょこんと乗る程度の大きさで、「ちょっと甘いものが食べたい」という時に活躍してくれそう。調べてみると『たけのこの里 プチパック』と『たけのこの里 いちご プチパック』は2013年7月発売。その他の商品も、どうやら五月雨式に発売されてきたようだ。

それぞれ税抜50円と手に取りやすい価格で、好きな種類を組み合わせて食べることができるのも便利。

 

見た目は、どれも通常のパッケージをそのまま三角形にしたようなデザイン。2種の『たけのこの里』には、「チョコっと満足」という座布団一枚級のキャッチコピーが描かれている。

量は!?大きさは!?気になる通常商品との違いをチェック!

■『チョコベビー プチパック』

まずは『チョコベビー プチパック』から検証。内容量は16g87kcal。通常の「チョコベビー」は32gなので、ちょうど半分の量である。

中身は普段の「チョコベビー」。俵型の小さなチョコレートがたっぷりと入っている。

当然ながら、味もいつもの「チョコベビー」。甘さが強めのミルクチョコレートが、口いっぱいに広がっていく。

 

■『マーブル プチパック』

続いて『マーブル プチパック』。内容量は14g70kcal。通常の「マーブル」は32gなので、「チョコベビー」に比べて若干比率が少なめである。

開封すると、カラフルな「マーブル」が16粒

サイズはいつもの「マーブル」と同じ。もちろん味も、周りはパリッと、中はびっしりチョコレート…みんなご存知の“あの味”である。

 

■『アポロ プチパック』

お次は『アポロ プチパック』。内容量は15g85kcal。通常サイズは46gなので、こちらも少なめ!?と思ったが、もともとのレギュラー商品の価格が違うのだから、当然のことだと納得する。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。