ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ブランド品種のいちご狩りも出来ちゃう!岐阜で贅沢な日帰り旅♪

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
つみつみ いちごファーム

いよいよいちご狩りの時期がやってきました♪

摘みたての旬の味が堪能できるのはこの時期だけ!

そんないちご狩り、毎年行っているという人も多いのでは?

お気に入りの農園が決まっているかもしれませんが、ぜひチャレンジしてほしいのが、ブランド品種が味わえる農園。

ここ、岐阜・本巣の「つみつみいちごファーム」では、岐阜ブランド「濃姫」など県外ではなかなか食べられない貴重な品種が揃っています。

いちご狩りを堪能した後は、おしゃれなアフタヌーンティーはいかが?

パティシエ手作りのハイティーセットに女子のテンションはマックス!

〆は風情ある宿の日帰り温泉で湯浴みを。

冬の一日、素敵なお出かけができちゃいますよ。

つみつみ いちごファーム【本巣市】

味のバランスが丁度いい岐阜県が誇るブランド。

つみつみ いちごファーム

甘みだけでなく、高い糖度に対して程よい酸味も。練乳は2回目から有料つみつみ いちごファーム

量り売りで摘み取りできるミニトマト摘みもあるので体験を

女峰とアイベリーをかけあわせて誕生した、岐阜ブランド「濃姫」。

県外での生産・流通はほとんどない、貴重ないちごが食べられます!

おいしいだけでなく、摘みたては香りも格別。

いちご本来の味を一番おいしく味わえるのは、2月~3月。

練乳をつけずに、そのまま味わってみて!

濃姫を使った手作りいちごジャムやクッキーも売っています。

いちご狩り/~6月上旬 要予約※当日は電話確認

料金/中学生以上1700円、小学生1400円、3歳以上1000円

※4月中旬以降料金変更あり

種類/濃姫

時間/30分食べ放題

練乳などの無料トッピングあり/トッピング持ち込み自由/ハウス内でのベビーカー利用可

高設栽培/水耕栽培 つみつみ いちごファーム

TEL/0581-34-4831

住所/本巣市曽井中島974-1

営業時間/9時~16時

定休日/月(祝日の場合翌日)

アクセス/名神岐阜羽島ICより45分

駐車場/100台

「つみつみ いちごファーム」の詳細はこちら

川原町屋【岐阜市】

一度は体験してみたい!女子憧れのティータイム。

川原町屋

英国ではサンドイッチ→スコーン→スイーツの順で食べるのが基本なのだそう川原町屋

赤いポストが目印だよ

和の空間でアフタヌーンコーヒー。

パティシエ手作りのスイーツは甘さ控えめでどれも美味。

エルダーフラワーのノンアルコールスパークリングと自慢のコーヒーも付いて、内容も見た目も贅沢。

1名1400円はお値打ちかも! 川原町屋

TEL/058-266-5144

住所/岐阜市玉井町28

営業時間/9時~18時30分(アフタヌーンコーヒーセットは13時~/予約の場合9時~)

定休日/なし

料金/アフタヌーンコーヒーセット2名~2800円(1名1400円×人数/2名以上で注文可)

アクセス/東海北陸道岐阜各務原ICより20分

駐車場/16台

「川原町屋」の詳細はこちら

十八楼【岐阜市】

長良川温泉の老舗宿でにごり湯に身を委ねて。

十八楼

2階「川の瀬」に併設されたモダンな「蔵の湯」

町屋が軒を連ねた、風情ある川原町にある老舗の湯宿。

お湯は赤褐色の単純鉄冷鉱泉。冷え性や疲れに効果が期待できるとの声も。

いちごドライブを締めくくるのにふさわしい湯宿で、疲れを癒そう。 十八楼(じゅうはちろう)

TEL/058-265-1551

住所/岐阜市湊町10

営業時間/立ち寄り湯14時~20時(館内利用時間1時間)

定休日/不定

料金/大人1000円(タオル付き)

アクセス/東海北陸道岐阜各務原ICより20分

駐車場/150台

「十八楼」の詳細はこちら

事前にチェック!HOW TO いちご狩り

予約&問い合わせでスムーズに

いちごの生育具合により、いちごが摘めない!現地で断られた!なんてことがないよう、事前に予約&出かける前に確認を。

深夜や早朝の電話連絡は避けて、常識的な時間帯で連絡をしましょう。

快適ないちご狩りは服装から

ハウス内を20℃前後に保った農園が多いため、汗をかかず快適に過ごせるよう、脱ぎ着しやすい服装で。

また、服や靴は汚れが気にならない、動きやすいものをチョイスして。

マナーを守ってスマートに

摘んだいちごが食べられるのはハウス内のみ。よって持ち出しは厳禁!

お土産は売店で購入を。

また、いちごをもぎ取る時、苗や未生育のいちごを傷つけないように注意しましょう。

おいしいいちごを食べるなら

いちごは暖かな春が旬と思われがちですが、寒さを感じる今こそまさに旬。

時間帯は、野菜と同じく朝摘みがおすすめです!

※天候や生育状況により、開催期間や休園日、受け入れ人数等に変動のある場合もありますので、事前にご確認の上、お出かけください。

※複数の品種を扱う農園は、品種選択のできない場合もあるため、予約時に農園へご確認ください。

※この記事は2017年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

春を楽しまなきゃもったいない!日本全県”春イベント2017”
ツウがおすすめ!絶対に知っておきたい全国「道の駅」39選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。