ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネバヤンに奥山由之があのアニメ曲のカバーを要求!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ネバヤンに奥山由之があのアニメ曲のカバーを要求!?
J-WAVEで放送中の番組「ZOO ZOO ZOO」。この番組では写真家・奥山由之と、never young beachのフロントマン・安部勇磨がゆるいカルチャートークをお送りしています。2月17日(金)のオンエアでは、リスナーからの「番組で流れる曲を楽しみにしている」というメールをきっかけに、二人の音楽遍歴について語り合いました。

スマホには曲が入っていないという安部。理由は、外にいるときは音楽を聴くよりも歩きながら歌詞を考える、あとは「容量が重くなるから」だそう(笑)。新しい音楽については、調べて「すぐレコードで買う」ようにしているらしく、最近はThe Lemon TwigsとTHE GROWLERSのレコードを購入したと話していました。気になる方はチェックしてみてください!

続いて、トークは二人が最初に買ったCDについて。奥山は小学4年生のときに井上陽水の「GOLDEN BEST」をお父さんに買ってもらったそう。小学生にしては渋いセンスですね(笑)。そこからMr.Childrenにはまり、中学時代はファンクラブにまで入っていたとか。一方、安部はイマクニ?の「ポケモン言えるかな?」。「それ、ちょっと、ネバヤンでカバーしてよ」と奥山のリクエストがあったのですが、「ムズい(笑)。とんでもないからあれ」と却下していました(笑)。でも聴いてみたいですよね♪

そんな安部が青春時代によく聴いていたのは、3月に発売されるコンピレーションアルバムにも参加した「ASIAN KUNG-FU GENERATION」。「BUMP OF CHICKENとASIAN KUNG-FU GENERATIONの二大巨塔みたいになってて、中学校のとき。やっぱ『天体観測』もめちゃめちゃ聴いてて、でもBUMP OF CHICKENは神聖なイメージがあって…」と安部。良くも悪くも遠い存在すぎて、自分ではなれない、と感じたそう。

一方で「ASIAN KUNG-FU GENERATION」にはいい意味で親近感を感じ、「声とかも低くて、なんとも言えない後藤さんの質感というか、あの感じが」とハマった理由について語りました。

番組冒頭で「最近はレコードをよく買う」と言っていた安部ですが、実際に買い始めるようになったのは22歳くらいの頃。「前にやってたバンドを辞めたくらいから、ちゃんと自分に合った音楽を探さなきゃと思って。(中略)友だちもだし、家の家具やらなんやら、周りの取り巻き全部を。そしたら必然でレコードの存在が気になって。聴いたら聴いたで音が違うし」と安部。聴く音楽が変わることで、レコードを買うようになり、それが曲作りにも影響するようになったそうです。

このほか番組では、安部が高校時代によく聴いていた洋楽や、奥山が大好きなバンド「くるり」について語りました。

また、安部は「来週が大事な回で、(中略)これで聴かれてないとなると、僕ら打ち切りになるので聞いてください」とストレートすぎる(笑)メッセージをリスナーに送っていました。なので、みなさん、次回24日の放送もぜひチェックしてください!!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZOO ZOO ZOO」
放送日時:毎週金曜 25時30分−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc2/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。