ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

気になっていたあの場所「クリスマス島」はこんなところ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
気になっていたあの場所「クリスマス島」はこんなところ

皆さんは、クリスマス島と呼ばれる島をご存知でしょうか?日本人にまだまだ知られていないクリスマス島は、まさに秘境と呼ぶにふさわしい場所なのです!

またフィッシングの聖地として知られる一方、実は野生のイルカやマンタを見ることができるダイビングスポットとしても有名です。今回は、そんな魅力溢れるクリスマス島についての詳細情報をたっぷりご紹介していきます!

 

クリスマス島とは?

クリスマス島とは?

photo by shutterstock

 

クリスマス島とは?

photo by shutterstock

クリスマス島とは、インド洋にあるオーストラリア連邦領の島で、公用語はキリバス語および英語です。冒険家のキャプテン・クックが、1777年の12月24日(クリスマス・イブ)に発見したことから、この名前がつけられたと言います。

熱帯乾燥性気候に属し、1年のほとんどが乾季です。また、海鳥の生息地として世界的に有名です。

 

野生のイルカやマンタと泳げる!

野生のイルカやマンタと泳げる!

photo by shutterstock

釣り人とダイバーの聖地と謳われるクリスマス島!その名の通り、訪れる観光客のほとんどが、釣りやダイビングがお目当て。

釣りは、フライもしくはルアーフィッシングで楽しみます。ダイビングは、マンタやイルカと一緒に泳ぐのはザラで、その他にも、カスミアジやカツオなど様々な魚の群れに遭遇できるそうです。

 

海の透明度が高く、魚の姿を目で確認しながら釣りができる!

クリスマス島の魅力といえば、なんと言ってもその海の透明度の高さ!魚の姿を確認しながら釣りを楽しむなんてなかなかできることではありませんが、このクリスマス島ではそれが可能です。

関連記事リンク(外部サイト)

サムイ島のオススメ観光スポット10選
タイ「パンガン島」の魅力はフルムーンパーティーだけじゃない
気軽に行ける海外の無人島10選
欧米人で賑わうタイの秘境クラビ島。ニューヨークタイムズにも掲載された美しさとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。