体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ中年女性は嵐が好きか

なぜ中年女性は嵐が好きか

「なぜ中年女性は嵐が好きか」―― 何を隠そう私も立派な中年女性。学生時代にジャニーズにはまる気持ちが全く分からずここまで生きてきましたが、どうして今さら嵐にはまってしまったのか。分析してみたいと思います。

嵐のメンバーは大きく分けて、“ギャップ王子”と“まんま王子”に分かれます。 ギャップ王子は大野・櫻井、まんま王子は相葉・松本・二宮。中年女性は誰のことをも好きになる可能性があります。それは、その人の生きてきた人生に大きく影響されます。

ギャップ王子とは

大野、櫻井の山コンビはまさにこれです。普段は置物のようにぼーと座っていて、気の利いたこと一つ言えない大野ですが歌い踊りだすと別人のようなキレとさえを見せ、一方櫻井は気配り上手の知性派で売ってはいるものの、実は長男坊で私生活では気が利かない感じがありあり。
頼れるお兄ちゃんと言われて育ってきた男子特有の、実は頼れないへたれぶり、逆境にはめちゃ弱い実態が伝わってきます。いや、若い女子には見破れないかもしれませんが、中年女性にはよくわかります。よくいました。ああいう元彼。

まんま王子とは

相葉、松本、二宮はこのカテゴリです。つまり、癒し系相葉、俺様だけど甘えん坊松本、扱いにくそうだけど多分本人は単純な二宮。彼らは多分、このイメージのまんま。
若い女子はまあ、このイメージで好みが分かれるでしょうが、中年女性はこのイメージを“求める”のではなくイメージに“すがる”のです。この“まんま”な彼らのイメージによって、現在の人生に欠けている要素を埋めようとします。

それぞれの理由で誰担になるかが分かれていく

櫻井担当の中年女性

櫻井担当の中年女性は、ほとんどが既婚。子どもがいないか、またはいても女子。男子の母が櫻井担当になることは少ない。なぜなら、理想の息子的な彼の担当になることは、自分の息子をほぼ否定してしまうことになるから。そして、中年女性特有の櫻井担当の理由は、「男の人って結局弱いのよ、そうなのよ完璧じゃないの」と知っているから。よく、若い女の子の掲示板などで「ショウ君て完璧よね」と書かれていますが、「そうじゃないのよ、多分家に帰って泣き言言ってるわよ」と容易く想像できるのが我々中年女性。ちなみに独身の中年女性に櫻井担はほぼいません。

もし中年女性で独身で櫻井担当だとすれば、その女性は心の中は全く中年ではないと言えるでしょう。
むしろまだ現役バリバリの婚活まっしぐら、心は“お嬢さん”です。既婚の櫻井担も、比較的、いつまでも少女のような部分を持ち続けている人が多いです。

櫻井君が息子だったら、と中年女性は妄想します。ご近所の方に「よくできた息子さんねぇ」と褒められ、世間的には鼻高々で、その息子が時々「もうだめかも」と自分の作ったオムライスを食べながら弱音を吐く。「大丈夫よ、翔君はできる子よ」と励ます自分。最高です。家柄も学歴も完璧な櫻井君の、おそらく実生活では非常な努力家で気の小さいギャップを、中年女性は愛でるのです。

「ちゃんと布団で寝なさい」と何度も言っているのに、またしても今夜も妄想の中でソファで寝てしまった翔君に、我々中年女性は「寝顔は赤ちゃんの頃と変わらないわ」とつぶやき、毛布をかけてあげます。赤ちゃんの寝顔までさかのぼると同時に、何十年後かの翔君メインの報道番組を櫻井担は夢見ます。翔君を愛することは、輝かしい未来への期待もおまけでついてくるのです。

相葉担当の中年女性

相葉担当の中年女性。既婚と独身率では、独身率がやや高い。独身で、しかももう既に結婚への夢も幻想も持っていない女性が典型的相葉担です。不倫や、煮え切らない男との腐れ縁経験者率も高いです。相葉ちゃんの天然な笑顔やコメントに、ドロドロした男女関係のつらさや男のずるさを忘れようとします。
テレビでの相葉ちゃんの見当違いな発言や、何とも言えない軽さに癒されます。それでいて黙って立っていれば、嵐一番の“大人の男”の匂いがする彼に、生々しい感情を抱いたりします。

相葉担の中年女性は、過去に男性からの言葉で傷付いた率高し。だからこそ、相葉ちゃんの相手に合わせているようで、実は全然相手の話を聞いていないスタンスが好きなのです。

嵐のメンバーは、全体的に“普通度”の高い男の子で構成されています。かつての少年隊のヒガシや、元NEWSの山Pのように、一人だけ抜きんでた美貌とスター性を持つ子がいないのが特徴です。
逆に言えば、それが中年女性の心をとらえ、最初は○○だけ好きだったけど、結局五人でわちゃわちゃしてるのが一番いいのよねぇぇと言わせてしまうのです。

1 2 3 4次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。