体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SUGIZO、脱原発世界会議に登壇「自然エネルギーで生活できる」

SUGIZOさん

 原子力エネルギーからの脱却をテーマに議論する「脱原発世界会議2012 YOKOHAMA」が2012年1月14日・15日の2日間、神奈川県横浜市で開催された。初日のトークライブイベントにはバンド「LUNA SEA」などで活動するミュージシャンのSUGIZOさんが登壇し、「自然エネルギーで僕らは生活可能」と脱原発を訴えた。

 「脱原発世界会議」は、日本の原子力からの脱却を世界に発信、また脱原発への行動計画作りの提言を行う目的で開催された会議。アメリカやドイツなど20ヵ国以上から専門家や活動家ら総勢90名以上が集い、トークセッションやシンポジウム、イベント等を通し、原子力エネルギーについて再考した。

 SUGIZOさんはトークライブイベントの冒頭で「今まで日本人の僕らは何となく生きてきましたが、やはり去年の震災以降大きく変わるべき」と主張。今回の災害を「逆にこれは素晴らしいチャンス」とした上で、「本当に沢山の方が去年犠牲になったが、俺たちが凄く大きな学びをできたことに感謝の気持ちを持って、素晴らしい未来を作っていく実践をしていかないと、亡くなった人達の魂が報われない」と震災を契機に、原発について考え直すことの必要性を訴えた。

 また、「電気がないとどうにもならないが、電気が今のやり方とはまったく違う生成の方法を実現できれば、電気を使うことに後ろめたい気持ちがなくなるだろう」とした上で、「今の僕らの技術やノウハウじゃ責任取れない原子力(発電)にお金を投入することを一切やめて、自然エネルギーにシフトをしていくべき」と、原子力エネルギーの代替となる自然エネルギーへの投資をより増やすべきだと主張、

「日本は洋上の風力を(発電に)使おうと思うとすごく恵まれているわけですし、地熱にも恵まれているわけです。日本の風土を最大限に利用して、ナチュラルな自然エネルギーで僕らは生活可能なんです。そこに僕らが意識をフォーカスすれば」

と述べた。さらに「『原発を止めようぜ』と言って、20%、30%の電力(供給)をカットされたとする。新しい技術がそこまで来ているんだから、その20%くらい我慢しません?」と脱原発によって不足する可能性のある電力について、自然エネルギーでの発電が普及するまで「我慢しては」との見方を示した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] SUGIZO「ナチュラルな自然エネルギーで生活可能」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77712418?po=news&ref=news#1:02:45

(中村真里江)

【関連記事】
「大切なのは命ですか、お金ですか」 脱原発世界会議が始まる
“草食男子”の名付け親「ダメ人間でもできる脱原発運動を」
菅前首相、あらためて脱原発ビジョン語る「日本を世界の見本にしたい」
小沢一郎、「脱原発」を訴える14歳アイドル・藤波心に手紙を送る
再生エネの促進で一致、脱原発など議論 総合エネ調・基本問題委員会

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会