体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

車だっておしゃれのひとつ! ラパンで可愛い女の子になろう♪

▲可愛い車を探してる女子の皆さんにオススメなのがスズキ アルトラパン(現行型)。丸目のライトといい、可愛らしいパステルカラーといい、可愛くないですか!?

▲可愛い車を探してる女子の皆さんにオススメなのがスズキ アルトラパン(現行型)。丸目のライトといい、可愛らしいパステルカラーといい、可愛くないですか!?

可愛い車ってあんまりない?

突然ですが、可愛いものが大好きな女子の皆さん、どんな車が欲しいですか? ……そりゃもちろん、可愛い車がいいですよね。 服もバッグも小物も可愛いのに、車だけおじさんくさいってありえない、なんて声が聞こえてきそう。でも車ってどうしても「男性が好きなもの」ってイメージが強くて、メカメカしいものが多いんですよね。きっと、「可愛い車が全然ない!」と困っている人も多いはず。

そんな人に注目してもらいたいのが、スズキ ラパン(現行型)。ラパンとはフランス語で「うさぎ」を意味します。細かい説明は後でするとして、この車、とにかく色もデザインも可愛くて、女子の皆さんに激推ししたい車なんです。

とにかくうさぎが可愛い!!

さて、このラパンですが、CMで見たことある人も多いのではないでしょうか。最近放映されているCMでは、陽気な音楽に合わせて、女性がカフェでコーヒーをテイクアウトして乗り込む場面が切り取られています。

そのCMでもところどころモチーフとして使われているのが、車名にもなっているうさぎ。CMでは音符の玉の部分がうさぎの形になっています(注意して見てみてください!)。そしてこのうさぎ、車の中にもいろいろなところに隠れているんです。例えば、運転席(助手席)のドアの下の部分やサンバイザーを下すと現れる天井部分、リアガラスの端っこ、夜にはメーター部分にもひょっこりと現れたり。うさぎを見つけるたびに、「あっ、ここにもいた!」と嬉しくなります。上記したのはほんの一部で、全部で十数匹いるとかいないとか……(数え方にもよりますが)。ラパンを購入した際は、ぜひ「うさぎちゃん探し」をしてみてください♪

▲運転席側のサンバイザーを下すと現れるうさぎちゃん。ふとした拍子に見つけるとなんだか嬉しくなります

▲運転席側のサンバイザーを下すと現れるうさぎちゃん。ふとした拍子に見つけるとなんだか嬉しくなります

▲夜になると、メーターの70km/hのあたりにうさぎがひょっこり。昼間はほとんど分からないので、夜だけ見れるちょっとレアなうさぎちゃんです

▲夜になると、メーターの70km/hのあたりにうさぎがひょっこり。昼間はほとんど分からないので、夜だけ見れるちょっとレアなうさぎちゃんです

うさぎ以外にも「可愛い」がいっぱい

隠れうさぎ以外にも可愛い部分はもちろんあります。例えばメーター部分にある液晶パネル。ここにもうさぎが出てくるのですが、季節や時間帯によって表示される映像が違います。夏にはひまわり畑が出てきたり、冬には雪だるまが出てきたり。昼はうさぎが「HELLO」と挨拶してくれて、夜には夜空の映像が映し出されます。お正月や七夕なんかのイベントがある日にはその日仕様の映像になります。毎日のように乗る人でも、こうしたちょっとした変化があると楽しいですね♪

▲昼間には「HELLO」と挨拶してくれるうさぎちゃん。車に乗るたびに癒されます
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。