体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これだけは知っておきたいリフォームの基本10カ条

これだけは知っておきたいリフォームの基本10カ条

リフォームを上手に進めていくには実はコツが。リフォーム会社への取材でわかった基本の10カ条を厳選して解説していくので、頭の中に入れてからリフォームを始めよう。

リスクやデメリットも説明してくれる会社を選ぶべし

壁の内部が傷んでいたなど、リフォームはフタを開けてみて初めてわかることも多いもの。追加工事が発生する可能性やその費用、近隣への影響など「もしかしたら」の可能性も。丁寧に説明してくれる会社を選ぼう。【画像1】丁寧に説明してくれる会社を選ぼう(イラスト/柿崎こうこ)

【画像1】丁寧に説明してくれる会社を選ぼう(イラスト/柿崎こうこ)

リフォーム内容は家族の同意を得ておくべし

同居する家族でも、残すもの・処分するものに対する考えが違うことがある。一緒に住んでいなくても、土地や家の持ち分がある親族に断りもなくリフォームを進めるのはトラブルのもと。家族の同意は早めに得ておこう。【画像2】家族間で同意を得てから進めていこう(イラスト/柿崎こうこ)

【画像2】家族間で同意を得てから進めていこう(イラスト/柿崎こうこ)

プランは10年後を考えて決めるべし

例えば、今はトイレの交換だけで満足だとしても、数年後は、寝室の近くにすればよかったと思うかもしれない。設備は交換すると10年は使うので、中長期の視点に立って、交換だけでなく、全体的な配置の見直しも。【画像3】“今”だけでなく先を見据えた計画を(イラスト/柿崎こうこ)

【画像3】“今”だけでなく先を見据えた計画を(イラスト/柿崎こうこ)

工事が影響する近隣にも同意を得ておくべし

工事内容が決まったら、影響がありそうな近隣にも同意を得ておきたい。例えば境界があいまいな隣地、水道管が下を通っている隣地、マンションなら、工事の音や資材搬入などで迷惑をかけそうな上下と隣に声がけを。【画像4】マンションなら上下左右の住民に声がけを(イラスト/柿崎こうこ)

【画像4】マンションなら上下左右の住民に声がけを(イラスト/柿崎こうこ)

水まわり、屋根と外壁はまとめて工事するとおトク

屋根や外壁の工事では足場を組むため、これらを数年後に分けて行うと、足場代が倍かかってしまう。キッチンや浴室などの水まわりも、配管など共通する工事があるため、まとめて行うほうがおトクな場合が多い。 【画像5】まとめてリフォームするとおトクになる場合が(イラスト/柿崎こうこ)

【画像5】まとめてリフォームするとおトクになる場合が(イラスト/柿崎こうこ)

どう変えたいかより「なぜ」変えたいかを伝えるべし

「キッチンの高さを90㎝に」などと具体的すぎる要望は、プロからの提案の幅を狭めてしまう。「料理中に腰が痛いからなんとかしたい」など理由や目標を伝えると、その家に合ったベストな手法を考えてくれるだろう。【画像6】なぜそうしたいのか理由を伝えよう(イラスト/柿崎こうこ)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会