ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「とと姉ちゃん」花山伊佐次の展覧会?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「とと姉ちゃん」花山伊佐次の展覧会?
J-WAVEで放送中の番組「ZAPPA」(金曜ナビゲーター:山中タイキ)。金曜日は毎週、アートなトピックを紹介しています。2月17日(金)のオンエアでは、世田谷美術館で開催中の「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」に注目しました。

花森安治は、戦後間もなく家庭雑誌「暮しの手帖」を創刊しました。昨年には「暮しの手帖」の編集部をモデルにしたとされるドラマ「とと姉ちゃん」(NHK)が放送されました。ドラマでは、唐沢寿明さん演じる花山伊佐次が、花森さんをイメージした役だったそうです。少し変わった性格だったので、印象に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

展覧会の開催は、ドラマが放送される前から決まっていたという今回の展示ですが、「とと姉ちゃん」に関するものも含む、700点以上の資料が展示されています!

「手描きされていた表紙の原画も、壁にズラリと並んでいます。西洋画のような油絵のテイストだったり、コラージュを使ったり、クレパスを使って絵を描いていたりと、豊かな画力に目を奪われますが、写真を使った表紙も登場します。これが、レイアウトのこだわりをすごく良く感じるんです! 北欧のインテリアの雑誌を見ているようで、デザイン性がすごいんです」と山中。

ほかにも、グリーンピースを等間隔で並べたり、あえて逆光の写真を使ったりと、アイデア満載で、引き出しの多さに驚かされたそうです。さらに、山中は花森が使っていた言葉にも注目しました。

「雑誌の広告を、新聞や中吊り広告に出しているんですが、『石油ストーブから火が出たらバケツの水をかけなさい 暮しの手帖・発売中』とか、『今度の暮しの手帖に面白いことが出ています』とストレートに書いてあったりして、ユーモアに溢れていて、花森節が効いています」とのことでした。花森安治の生き方や美しさを感じ取ることができる展覧会、皆さんもぜひ、足を運んでみては? 4月9日(日)まで開催されています。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZAPPA」
放送日時:毎日 5時ー6時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/zappa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。