体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワカメたっぷり、すっぱいスープのご当地麺「平塚タンメン」はこだわりもたっぷりだった!

f:id:uralatokyo:20161103155213j:plain

神奈川県平塚市のご当地麺の存在を知ったのは、いつのことだったか。透き通ったスープにストレートの白い麺、刻みタマネギが浮かんで、ワカメがたっぷり。

こちらの名前はおそらく「ワカメラーメン」? と思いきや「タンメン」。炒めた野菜がのっていないのにタンメン? なぜ!?

メニューは「タンメン」と「ギョウザ」、「おみやげ」の3つ

f:id:uralatokyo:20161103155713j:plain

というわけでやってきました、JR平塚駅。ここから歩いて3〜4分の「老郷(ラオシャン)本店」が、平塚タンメン発祥のお店です。

昭和32年(1957年)創業、現在のご主人は三代目の岩間和治さんです。

f:id:uralatokyo:20161103160056j:plain

店内は明るく清潔感にあふれ、カウンター席も厨房もすべてピカピカ。ゆっくりと過ごしたい人には奥にテーブル席も用意されています。

f:id:uralatokyo:20161103160151j:plain

食券機を見ると、メニューは「タンメン」「ギョウザ」「おみやげ(タンメン)」の3つ。みそ味のタンメンを作ったこともあったそうですが、お客さんのほとんどが「タンメン」を注文するので現在は発売していません。

お客さんは老若男女。昔から何年も通っている、20年ぶりに来た、お店の前を通ったら食べたくなったという人などでにぎわい、多くの人が「タンメン」と「ギョウザ」を注文しています。

初代が考案した、唯一無二のさっぱり麺

f:id:uralatokyo:20161103162111j:plain

さて、この「タンメン」。考案したのは第二次世界大戦時に中国へ出兵し、現地の人たちが料理に酢をたくさん使うことを印象深く思っていたという、初代の岩間敏到さん。

戦後日本に引き揚げてから、その酢とアメリカから大量に入ってきた小麦粉を使って何か新しい料理を作れないかと試行錯誤。5年以上の月日をかけて、夏でも冬でもさっぱりと食べられる酸味のきいた「タンメン」を完成させたそうです。

f:id:uralatokyo:20161103161528j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。