ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ポケモンの石原社長、『ポケモン+ノブナガの野望』に「このコラボを異例とは思わない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「ポケモンのタイプは17種、初代『信長の野望』の国も17ヶ国」

 株式会社ポケモンと株式会社コーエーテクモゲームスは2012年1月19日、ニンテンドーDS向けソフト『ポケモン+ノブナガの野望』の完成発表会を開催。ポケモンの石原恒和社長と、歴史ゲームファンには「シブサワ・コウ」としても知られるコーエーテクモゲームスの襟川陽一代表社長が出席した。石原社長は、子供を中心に人気を博す『ポケモン』と、1983年から続く歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』とのコラボについて「異例だと言われるが、個人的には異例だとは思わない。正統な組み合わせ」と述べた。

『ポケモン+ノブナガの野望』

 『ポケモン+ノブナガの野望』は、戦国大名をモデルとした「ブショー」と、「ポケモン」とがパートナーとなって、他国のブショーと「イクサ」を繰り広げるというもの。昨年12月に同作が発表された際には、この組み合わせに対しツイッターなどで「どういうことなの・・・」、「なぜコラボったしwwwwww」、「なんつーぶっとんだコラボ・・・!」、「え、これ冗談だよね?え???」と驚きの声が多くあがった。

 19日の発表会で石原社長は今回のコラボについて、両シリーズには共通点も多いとして、「僕自身は”異例”とは思っていない。正統的な組み合わせだと思っている」と述べた。一方、30年近く歴史シミュレーションゲームに携わっている「シブサワ・コウ」こと襟川社長も、「戦国時代も一種のファンタジー」であるとし、ファンタジーの世界感を持つ『ポケモン』との親和性は高いとの見方を示した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 『ポケモン+ノブナガの野望』プレイの模様から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77533642?po=news&ref=news#1:23:41

(土井大輔)

【関連記事】
「日本アニメの未来を見据えて」 『アニメミライ』広報大使の西川貴教がアピール
米長永世棋聖「築いた万里の長城、穴が開いた」 電王戦敗北後の会見 全文
昨年発売ゲーム『エルシャダイ』 世界の開発者が選ぶ作品「美術賞」ノミネート
スネーク、バトーの声優・大塚明夫がツイッターを開始
「いわたくん・・・」任天堂・岩田社長が”寧々さん”と記念撮影/a>

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。