ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハイレゾ音質ストリーミングの普及は近い? 米ユニバーサルが高音質フォーマットでの音源提供に合意

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 ストリーミング・サービスの利用者が年々増加し続けている米国の音楽業界で、ハイレゾ再生の高音質化技術MQA (マスター・クオリティ・オーセンティケイテッド)の導入が広がりを見せている。

 2017年2月16日(現地時間)、ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)が、MQA技術を開発/提供している同名の会社と協力し、ハイレゾ音質でのストリーミングの普及へ向け、UMGが所有する一部の音源をハイレゾ・オーディオ・フォーマットで提供することを発表した。

 MQAは高音質を再現しながらポータビリティを失わず、ストリーミングも容易に行える技術。ここ1年で採用する企業が増え、2016年5月にはアトランティック・レコードのCEO兼副会長のクレイグ・カルマンがMQAへの支持を表明している。最近では1月の【コンシューマー・エレクトロニクス・ショー】で、米3大レーベル(UMG、ソニー、ワーナー・ミュージック・グループ)、アメリカレコード協会(RIAA)、パンドラ、ナップスターとHDトラックスが、デジタル・エンターテインメント・グループ(DEG)に呼応する形で、MGAと”ストリーム・ザ・スタジオ”(スタジオ・サウンドをストリーミングしよう)キャンペーンへの支持を表明したばかりだ。

 今年の初めにTidal(タイダル)もハイレゾ音質ストリーミングの提供を開始した。Appleもハイレゾ対応のストリーミング・サービスを開始するのではと噂されているが、同社は公式にコメントしていない。

関連記事リンク(外部サイト)

博報堂×ユニバーサルミュージックが独自の音楽体感イベントを開発 2月に第一回開催決定
“ロックンロール60周年”ワーナー、ソニー、ユニバーサル3社がロック創世記コンピを同時発売 全150曲リストも公開
米ユニバーサル、無限にプレイリストができるSpotifyアプリの提供を開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。