ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

困ったら潜れ! 地下で見つけた中華の楽園「天壇」でヘベレケ【北海道・札幌】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20170206162243j:plain

「混むからあんまり紹介しないでね」

帰り際、常連さんからの一言をかみしめつつ。

ワタクシ、興奮しております。

なんだここ! すっごい安いぞ??

札幌駅のすぐ近くのビジネス街。

知る人ぞ知る「天壇」はビルの地下にあります。

お酒はセルフサービス!

ビールも自分で注ぎます。

今回は、2,000円を握りしめて

ヘベレケになれるお店をご紹介します!

駅近のオフィス街にあるお店!

f:id:mesitsu_lc:20170206162317j:plain

おいしいものが食べたい。

お酒もたくさん飲みたい。

それでいて、お金はあまり使いたくない。

北海道を拠点に食べ歩き、メシ通レポーターの裸電球です。

札幌駅の近くでブラリ。

北海道庁を横目に、今夜の酒場を求めて進みます。

f:id:mesitsu_lc:20170206162316j:plain

ビシッとマジメなビルが並んでいます。

この辺は居酒屋さんも少ないのかな、と思いきや。

おやおや?

ここ……地下に飲食店街があるぞ?

f:id:mesitsu_lc:20170206162314j:plain

「困ったら潜れ!」

筆者・裸電球の酒飲みポリシーです。

こういうところには名店が多いんですよ。

路面店ではないので、地元の人に愛されているお店がね。

よし…。

潜ります。

お、渋い中華屋さんを発見!

f:id:mesitsu_lc:20170206162240j:plain

いいですね〜、この感じ。

ちょっとやそっとじゃ出せない雰囲気がありますよ。

地下のお店って、入るのに勇気がいるじゃないですか。

だからこそ、知る人ぞ知る名店があるんですよね。

f:id:mesitsu_lc:20170206162243j:plain

いろいろとすごそうな看板がお出迎え。

信じられないおまかせセット……。

へえ、夏目さんセットですって。

1,200円って超安いですね!

とりあえず、今日の晩酌はここでしょう!

f:id:mesitsu_lc:20170206162309j:plain

お昼も夜もやっているようです。

しかも、どっちもリーズナブル!

それでは早速、夏目さんセットをと思ったのですが、

こちら、2名からなんですって。

ガビーン、1人だ…。

さらに、常連さんから追い討ちをかけるような情報をゲット。

f:id:mesitsu_lc:20170206162258j:plain

「2人いれば飲み放題セットがいいよ」

ほう……。

飲み放題セット。

「6品ついて2時間飲み放題、2,000円」

安っ!

それにします!!

でも、2人ですよね。

一度、ビルの外に出て、ナンパしてきます!

f:id:mesitsu_lc:20170207193001j:plain

とはいうものの。

いきなり道行く人に声をかけるのは、どうしたものか。

この近辺にいそうな友達に連絡してみようか。

でも、まだ早いから会社員はムリだよな。

そうだ!

バンドマンだ!

「あ、もしもし? 2,000円持って『天壇』!」

f:id:mesitsu_lc:20170207114004j:plain

へっへっへ、すぐに来た!

北海道が拠点のバンド、「THE 武田組」のリーダー、ドラムの月岡さんです。

ライジングサンロックフェスティバルに出演したり、ラジオをやっていたりと、

北の大地で精力的に活動しています。

「え、なに? 写真撮るの?」

何が起きたかわかっていません。

それよりちゃんと持ってきた?

f:id:mesitsu_lc:20170207114003j:plain

大丈夫です。

状況はわかっていませんが、2,000円はしっかり。

まさか自分が、2名から楽しめる宴会要員だとはつゆしらず……。

大丈夫、ステキな夜になると思うから!

待ちに待った宴会スタート!

f:id:mesitsu_lc:20170206162312j:plain

飲みものはというと。

「お店の人しか入っちゃダメそうなエリア」です。

レジの裏ですもん。

でもここが、セルフのドリンクコーナー。

ビールも自分で注ぎます。

うわ! 楽しい!

f:id:mesitsu_lc:20170206162253j:plain

▲料理6品・120分飲み放題コース(2名~) 1人2,000円

世の中には飲み放題だけで1,000円以上するお店がたくさんあるのに。

中華料理が6品もつくなんて。

夢のようです。

料理が続々と運ばれてきます。

f:id:mesitsu_lc:20170206162302j:plain

まず登場したのは、チャーシューとメンマ!

いいですね〜、この出だし!

f:id:mesitsu_lc:20170206162259j:plain

大きな餃子!

これがおいしいのなんの!

肉汁がジュワッとあふれてきます。

あんの優しい甘さも広がり、ビールが進みますね。

f:id:mesitsu_lc:20170206162251j:plain

開始数分で2杯目です。

店員さんを呼ばなくていいので、アッという間に補充完了。

まるで蛇口から水を飲むような感覚です。

飲み放題とはいうものの、

オーダーしたり、運ばれるのを待ったり、

結構、ロスタイムってあるんですよね。

「天壇」は全てセルフなので、ガンガン飲み続けられます。

f:id:mesitsu_lc:20170206162300j:plain

ここでザンギも登場!

急に呼ばれた月岡さんも感動していました。

写真?

もう撮らないですよ!

だって、宴会注文するための要員ですから!

f:id:mesitsu_lc:20170206162304j:plain

激混みの店内で料理を作る、店主の中村さんです。

御年72歳!

常連さんを大切にしたいという思いのもと、

増税にも負けず、この激安価格を維持しています。

ちなみに、ランチも楽しそうです。

f:id:mesitsu_lc:20170206162307j:plain f:id:mesitsu_lc:20170206162301j:plain

レジ前にはクジが。

「当たりませぬように」とお店サイドの気持ちも書いてあります。

ランチでも、お客さんの気持ちをガッチリとつかんでいます。

まだまだ続く中華料理!

f:id:mesitsu_lc:20170206162303j:plain

できることなら、提供から10分以内に。

野菜炒めは、塩気で水分が出る前が一番おいしいと教えてもらいました。

ハフハフ……たまりません!

ファンの多い一品です。

f:id:mesitsu_lc:20170206162256j:plain

ビールにピッタリの麻婆豆腐。

いや~、もうお腹いっぱい!

でも数えると、まだ5品。

最後は何でしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20170206162255j:plain

〆にズドンとやってきました。

この炒麺で最後!

香ばしい麺に具材がたっぷりです。

f:id:mesitsu_lc:20170206162245j:plain

すでにビールは何倍目なのか……もう数えてなかったです。

とにかく飲みました。

普通だったらお酒代だけで2,000円超えだと思いますね。

ここは飲兵衛のパラダイス!

ほら、やっぱり。

困ったら潜るべきなんですよ!

f:id:mesitsu_lc:20170206162252j:plain

ああ、酔っぱらいました!

2時間一本勝負、フラフラです。

札幌駅のすぐ近く、

ビジネス街のビル地下にある、「天壇」。

ここ、すごいです!

常連さんが私に言った言葉。

「混むから紹介しないで~」

その気持ち、今、すっごいわかります!

6品でお腹いっぱいでしたが、

もっと食べたいという人は、8品・10品と増やすこともできますよ!

おいしかったです、ごちそうさまでした!

お店情報

軽中華 居酒屋 天壇

住所:北海道札幌市中央区北5条西6丁目第2道通ビルB1F

電話番号:011-222-3538

営業時間:11:30~15:00(LO 15:00)、 17:00~23:00(L.O 23:00)

定休日:日曜日・祝日(10名以上の宴会は予約営業可能)

※この記事は2017年2月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【タレの美学】帯広で出会った「新橋」の真っ黒に輝く豚丼!
駅弁ファン必見! 札幌駅の駅弁といえばここ! 弁菜亭にお邪魔した【北海道・札幌】
名前…ですよね!? 突っ込みどころ満載の「しげぱん」に行ってきた!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。