ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

まるでSFゲームの世界観!池袋にサバゲー施設オープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サバイバルゲームといえば「郊外の山奥で行うもの」というイメージが一般的にあるが、東京・池袋で気軽にサバイバルゲームを楽しめるようになる!

2月25日(土)に、サバイバルゲームをカジュアルに楽しむことが出来る施設「ASOBIBA池袋店」がオープン。

同施設は、“光と音”をコンセプトしたサバイバルゲームフィールド。池袋駅南口より徒歩6分、約300坪の広さを誇る都内最大級のインドアフィールドだ。

フィールド内はサーチライトが照らされる中で、レーザービームのように発光する蓄光BB弾が飛び交い、大音量のBGMがゲーム参加者の緊張感を高め、まるでSFゲームのキャラクターになりきったような没入感を味わえる。

設置された監視カメラやモニターを駆使して、どのようにフィールドを攻略し、モニターを活用してチームを指揮するなどのチームプレイが問われるゲームが繰り広げられる。

また、初心者でも気軽にサバイバルゲームを楽しめるように、「ジョブカード」システムを導入。このシステムによって自分の役割が「アタッカー」なのか、「ディフェンダー」なのかが分かる。

サバイバルゲームに使う装備はすべてレンタルが可能なので、手ぶらで参加できる。デートコースに組み込んで、盛り上がるのもアリかも!

■『ASOBIBA池袋店』
住所:東京都豊島区南池袋3-9-5 サトミビル 地下2F

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。