体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017春新色◆マルチタスクなM·A·C新色で”お疲れ顔”にさよなら!!

生活・趣味

2017年の幕開けを飾るM·A·Cの新色。

どんなライティングの下でも輝きを放つストロボクリームとエクストラ ディメンション スキンフィニッシュを1月1日に、そして、思いのままにメイクが楽しめるダブルエンドのスタジオ クイックトリック スティックを、1月13日にそれぞれ発売しました。

まずは、植物エキスの保湿効果と光沢の粒子により、どんなライティングの下でも輝きを放つ肌をつくれると評判のストロボクリームから。

今回は、定番のピンクライトに新たに4色が仲間入りです。

マック2017年春新色 ストロボクリーム全5色

ストロボクリーム 全5色 ¥4,500(税抜)2017年1月1日発売

写真左から:
新色:レッドライト(レッドパール)
定番:ピンクライト(ピンクパール)
新色:ピーチライト(ピーチパール)
新色:ゴールドライト(ゴールドパール)
新色:シルバーライト(シルバーパール)

実際に手につけてみると・・・。

マック2017年春新色 ストロボクリーム全5色を手につけた画像

写真上段左から:
新色:レッドライト(レッドパール)
定番:ピンクライト(ピンクパール)
新色:ピーチライト(ピーチパール)
下段左から:
新色:ゴールドライト(ゴールドパール)
新色:シルバーライト(シルバーパール)

生クリームのようにふんわりとしていて、なんとも軽いつけ心地。ミネラルを含んだスプリングウォーターが肌に水分を補給するので、乾燥が気になる季節も安心です。
テクスチャーは保湿力があるのにベタベタせず、肌にのせるとさらり。のびがよく、肌に均一になじませることができます。

マック2017年春新色 ストロボクリームレッドライドを手に伸ばした画像

ストロボクリーム レッドライト(レッドパール)をのばしてみました

パールのピグメント効果で、まさに肌が発光しているような感じ。このクリームを使うだけで、肌そのものがきれいになったように見えます。

光の当たり方によって輝きかたも変わりますが、決してギラギラしたツヤではなく、濡れたようなミステリアスな大人のツヤ肌に仕上げてくれます。デコルテに使えば、大人の色気を演出できそう!ドレスアップするシーンでのメイクにもおすすめです。

ちなみにストロボクリームは、ベースとしてもハイライトとしても使用可能。ベースとして使う場合は、せっかくのツヤ感を消したくないので、ファンデはテカリを抑えたい目の下や小鼻の周りなどに薄くつければOK。

ハイライトとして使う場合は、ファンデの後に頬骨の上からこめかみにかけてトントンといれるだけで、光り輝く肌に仕上がります。

続いては、同日発売した軽いつけ心地が魅力的なパウダリータイプのエクストラディメンション スキンフィニッシュ。

単品使いでシルキーな肌を楽しんでも良し!ストロボクリームの仕上げに使っても良し!と楽しみ方はいろいろ。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
tokilaの記事一覧をみる
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会