ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読書家の芦田愛菜 小学校低学年で年300冊読んでいた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気子役の芦田愛菜(12才)が都内の名門私立女子中学を受験し、見事合格した。本格的な受験勉強を始めたのは昨年夏ごろ。1日12時間もの猛勉強をしたこともあったという。

 芸能界には、小さい頃から子供をスターにするのに熱中する、いわゆる“ステージママ”も少なからずいる。だが、芦田家はまったく「芸能界ファースト」ではなかった。

「愛菜ちゃんの母親は“芸能活動をずっと続けるのは簡単ではない。たまたま今は父親が東京に赴任しているから、芸能の活動をしているだけ”という考え方です。愛菜ちゃんが活躍するのは、純粋に本人がやりたいから、それだけなんです」(芦田家の知人)

 そんな両親が一人娘の教育方法として最も力を注いだのは「読書」だった。

「父親が読書家で、幼い頃から愛菜ちゃんに本を与えていました。彼女が何かに興味を持ったら、答えやヒントになるような本を選んで、“この本を読んでごらん”と手渡したそうです。たとえば、彼女は幼い頃から“細胞が気になる”と言っていたので、図鑑NEO『人間』が彼女の大のお気に入りだそうです。

 好奇心旺盛な愛菜ちゃんは、すぐに本の虫になりました。伝記、図鑑、ファンタジーと読む本のジャンルも幅広く、小学校低学年で年間300冊、多いときで月50冊も読んでいたんです。クイズやパズルを楽しそうに解いていたところも見たことがあります」(事情を知る関係者)

 彼女自身、ある雑誌のインタビューでこう語っている。

《小さい頃から両親がたくさん本を選んできてくれたので、読書はすごく身近な存在でした。歯みがきとか、お風呂とかと同じような感じ》

 小学校高学年になると、両親から「これを読みなさい」と与えられるだけでなく、自分で学校の図書館に行って本を借りるようになった。

 内容も高度になり、推理小説や歴史小説、具体的には夏目漱石の『我輩は猫である』やアガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』、赤川次郎の『セーラー服と機関銃』などを次々と読破。難しい言葉は母親に聞いたり自分で辞書を引いたりして、一心不乱にページをめくり続けたという。

「乙武洋匡さんの『五体不満足』からは困難な状況でも生きる勇気を学び、あさのあつこさんの『バッテリー』では野球のルールや男の子の考え方を学んだそうです。お母さんが日頃から“物事はじっくりと考えなさい”と教えているからでしょうか、他の子役といえばおしゃべりで活発な子が多いんですが、愛菜ちゃんは特別に大人しい。それで周りをよく見ています。“1を伝えたら10を学ぶ”とは彼女のことをいうんでしょうね」(前出・芸能関係者)

 現在放送中のドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)でも、愛菜ちゃんが『また、同じ夢を見ていた』(住野よる)、『世界地図の下書き』(朝井リョウ)、『夢幻花』(東野圭吾)といった書籍を購入するシーンが流れて、「小学生の買う本じゃない」と話題になったほどだ。

 幼い頃からの読書で、愛菜ちゃんは小学生とは思えない語彙の豊富さや敬語の使い方を身につけていった。ドラマのスタッフが言う。

「愛菜ちゃんの大人びた話し方や言葉遣いには驚くばかりです。収録現場にチョコレートの差し入れがあった時、小学校低学年の愛菜ちゃんから『おいしそうですね。1粒いただいてもよろしいですか』と丁寧に聞かれて、“この子は本当に小学生か?”とビックリしたことがあります」

※女性セブン2017年3月2日号

【関連記事】
木村拓哉 『南極大陸』でカラフト犬に怯えた芦田愛菜に助言
芦田愛菜ちゃん 良い子だからこそ疲労感が目に見えてわかる
芦田愛菜 NG出された共演子役のために椅子取りゲーム提案

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。