ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お金も知識も貯まる「ワンコインデート」で彼女をおもてなし!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

お金を使いすぎたが、彼女とのデートは待ったなし!
彼女を喜ばせなくては…とお困りな男性人に読んでほしい!
今、注目が集まっているデートスポットは、ワンコイン内で楽しみながら知識や情報を手に入れることが出来る博物館。そこで今回は、都内にある大人でも楽しめる博物館をご紹介します。

光と音を学ぶ「ソニー・エクスプローラサイエンス」


東京ぴあ 2013-07-22 発売号
Fujisan.co.jpより

 

光と音のつながりや、効果を学べる体験型科学館。ミニ実験を行うサイエンスライブショーや、ソニーのエンジニアが丁寧に教えてくれるワークショップも開催されているので、普段は体験できない”手作りラジオや電気製品の分解”などを通して、彼女と一緒に先端技術への理解を深めることができます。

 

紙の歴史を学ぶ「印刷博物館」

出典:http://www.printing-museum.org/

 

文字や印刷物というものがいかに人間の歴史に影響を与えてきたかなど、印刷の偉大さを、壁に刻まれた文字や今は見かけない印刷器具などの展示を見ながら学ぶことができます。ワークショップでは、活版印刷を中心とした印刷技術を実際に体験でき、彼女と一緒に印刷の奥深さを体験する事ができます。

 

鞄の歴史を知る「世界のカバン博物館」

出典:https://www.ace.jp/

 

「カバンでめぐる五大陸の旅」、ユニークな視点から『世界をめぐる』という展示や、期間ごとに変わる『カバンからファッションや文化に触れる』展示も、オシャレな女性には受けそうです。
帰り際にブランドのバッグをおねだりされないように工夫することも必要です。

 

写真を学ぶ「富士フイルム スクエア 写真歴史博物館」

出典:http://fujifilmsquare.jp/

 

170年を越える写真の変遷や、日本最古のカメラ・オブスクーラ、初の精密小型35mmカメラ「ライカ Leica A」など約100点のクラシックカメラや写真を見ることが出来ます。デジタルカメラの使い方講座などもありますよ。

 

お酒を学ぶ「日本の酒情報館」

出典:http://www.japansake.or.jp/sake/

 

「見て・触れて・体験する」ことを通じて、日本酒・本格焼酎・泡盛の魅力を知るミュージアム。色々なお酒が楽しめるのもポイント。海外からのお客様が多いとか。

 

広告を学ぶ「アド・ミュージアム東京」

出典:http://www.admt.jp/

 

日本の変化とともに変化していく広告を楽しめ、懐かしのCMを見ることもできます。年代ごとに流行した商品が展示してあったりと、その時代ごとの“お洒落”に触れられる場所だそうです。

 

生物を学ぶ「東京大学総合研究博物館(UMUT)」

出典:http://www.um.u-tokyo.ac.jp/

 

東京大学が運営する、国内で最初の教育研究型ユニヴァーシティ・ ミュージアムとして1996年に誕生。学術標本は300万点以上収蔵されていて、彼女と一緒に博士になれた気分になるかも。

 

家具を学ぶ「家具の博物館」

出典:http://www.kaguhaku.or.jp/

 

家具の歴史を知ることが出来るのは勿論、体験コーナーでは、色々な種類の木の肌触り、重量感、色合い、木目の特徴、木の香りなどの違いを確かめられたり組接ぎの組み合わせを試すことが出来ます。

 

紹介した博物館の入場料は全てワンコイン以内(2017年1月現在)! 手軽に、お金を気にせず行けるところがカップルなどにも受けているそうです。遠出も疲れるし・・・なんて時に出かけてみては如何でしょうか?

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。