ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジャック・ブラック、ガス・ヴァン・サント監督のジョン・キャラハン伝記映画に出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジャック・ブラックが、ガス・ヴァン・サントが監督を務める四肢麻痺の漫画家ジョン・キャラハンの伝記映画『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot(原題)』に主演するホアキン・フェニックスと共演する交渉中だ。

アイコノクラストとアノニマス・コンテントがプロデュースを手掛ける同作は、映画と同名タイトルのキャラハンの自叙伝をもとにしている。同作のタイトルは、キャラハンがしばしばタブーとされるトピックを扱った風刺画の1つから名付けられた。

キャラハンは、21歳の時に交通事故で四肢麻痺になり、治療として両手でペンをつかんで絵を描くようになった。キャラハンは、2010年に59歳で亡くなった。

シャルル=マリー・アントニオーズ、モーラ・ベルケダール、ニコラ・レルミットがアイコノクラストでのプロデュースを手掛け、スティーヴ・ゴリンがアノニマス・コンテントでのプロデュースを手掛ける。

ジョナ・ヒルとルーニー・マーラも同作に出演交渉中だ。フェニックスが、キャラハン役を主演する。

ブラックは最近、1月にサンダンス映画祭で公開された映画『The Polka King(原題)』に主演した。同作には、ジェニー・スレイトとジェイソン・シュワルツマンも出演している。

ブラックは次回作として、12月22日に米劇場公開する米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによるリブート版映画『ジュマンジ』にドウェイン・ジョンソンの相手役で出演する。ブラックは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、スローン、オファー、ウェバー&ダーンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。