体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大切な人へ想いを届ける!愛に溢れたボンボンショコラ

カカオ豆からチョコレートになるまで、熟練のパティシエの手で45日以上かけて一つ一つ丁寧に完成させる『green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート)』は、全工程を一貫して店内で行う新しいカタチのチョコレートショップ。

そのハイクオリティーで純粋なチョコレートは、カカオ豆とオーガニックシュガーという、豆本来の個性を生かしたシンプルな素材で作っている。

そんな『green bean to bar CHOCOLATE』が、2017年ホワイトデーのテーマに選んだのは、“VARIOUS HEART 様々な愛の形”。愛しい相手、家族、友人への届けたい特別な想いをのせたチョコレートが、2月18日(土)より、数量限定で登場する。

バーは、フレッシュなフリーズドライフルーツとナッツを乗せ、見た目も華やかな2コレクション。

「BERRY HEART-Strawberry&Pistachio/ CHOCOLATE BAR」1944円(税込)は、ジューシーでフルーティーな酸味が特徴のタンザニア産カカオ豆を使用。その上に、フリーズドライストロベリーとピスタチオをトッピングした。

「KIND HEART-Pineapple&Coconut/ CHOCOLATE BAR」1944円(税込)は、ドミニカ産カカオ豆と、タンザニア産カカオ豆で作ったチョコレートにミルクをブレンド。その上に、ドライパイナップルとココナッツをトッピングした。

ボンボンは、洋酒やスパイスを使用した大人に好まれるショコラから、ゼリーなどを包み込んだショコラまで、幅広いテイストが楽しめる3コレクション。2017年のホワイトデーのテーマ“VARIOUS HEART 様々な愛の形”のもと、届けたい特別な想いをチョコレートに込め、アソートした。

「VARIOUS HEART/ BONBON CHOCOLAT 4pics/9pics/18pics」1944円(税込)/4374円(税込)/8748円(税込)は、バジルやすだちなど柑橘類を使用したガナッシュと、シナモン・アーモンド・ピスタチオなどを使用したプラリネ、オレンジ&ラズベリー・レモン・スパイスのガナッシュが楽しめる。

パッケージは、ハートを重ね合わせたテキスタイルに、木や森など気落ちを穏やかさせてくれるグリーンカラーを配色。リラックスして、五感でチョコレートを楽しんでほしいという思いが込められているという。

一枚一枚、一粒一粒、丁寧にハンドメイドされたチョコレートで、大切な人へ想いを届けてみてはいかが。

■『green bean to bar CHOCOLATE』中目黒店
住所:東京都目黒区青葉台2-16-11

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会