ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

アルゼンチンのソウルフード「チョリパン」の専門店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月16日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、一つの食材や料理を主役にしたユニークな専門店を特集したコーナーで、リポーターのやない由紀さんが「Mi・Choripan(ミチョリパン)」(東京都渋谷区)を訪れた。

こちらは代々木上原駅から徒歩5分の所にある「チョリパン」の専門店。「チョリパン」とはアルゼンチンのソウルフードで、肉のうまみが詰まったアルゼンチン式のソーセージ「チョリソー」をパンにはさんだ料理だ。

お店のチョリソーには外国産の牛肉と豚肉を粗挽きしたものに豚のタン、オレガノやパプリカなど10種類の香辛料を合わせている。4日間かけて乾燥・熟成させるのがアルゼンチン流なんだとか。注文が入ってから2つに切り分け、一気に焼き上げたチョリソーに、リンゴ酢やオレガノなどをベースにした酸味のきいたソース「チミチュリ」をたっぷりとかける。レタス、トマト、玉ねぎなど6種類の野菜は好きなだけトッピング可能。お店の1番人気は食べ応え満点の「カスタムチョリパン」(1100円/税込み)。

早速チョリパンを頂いたやない由紀さんは、「うーん!スパイシーでジューシー感がすごい!ソーセージというイメージよりも、ゴロゴロッとしたお肉を食べている満足感があります!あと、このチミチュリというソースの酸味が効いていて、この酸っぱさがお肉の味を引き立ててるんですね。本当にやみつきになる!」と絶賛していた。

また、マテ茶が付いたお得なランチセット「チョリソープレート」(1000円/税込み)もある。トマトの和え物と玉ねぎ入りのマヨネーズをチョリソーに乗せ、パンにはさんで頂く一品だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ミ・チョリパン(ぐるなび)のお店紹介

同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介

様々な食感が楽しめる和スイーツ「抹茶のフローズンスモア」
記憶をくすぐるクジラの味「くじら給食」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。