体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうか無事に産ませて! 予定日に39度の発熱、赤ちゃんの心拍が低下…緊急帝王切開に

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は22歳のときに子宮の病気で婦人科にかかり、一年の間抗がん剤治療をしてきました。

その病気が発覚したのは流産がきっかけ。

もう赤ちゃんできんかもしれへん。なんで私が?と恨んだこともありました。

それでも辛い副作用にも耐えて、治療の結果は良好。頑張ればまた妊娠できると先生にも言われ、信じて頑張ってきました。

そして24歳のとき。

病院から電話があり「再発、もしくは妊娠の可能性がある。至急来てほしい」と。

私は気が気じゃなくて仕事を早退させてもらい、病院にかけつけ検査をしました。

そして先生がおっしゃった言葉は「おめでとう!妊娠やね!」。

その言葉を聞いたとき、嬉しいという気持ちより先に「また同じことの繰り返しやったらどうしよう…」と恐怖が襲いました。

ドキドキする気持ちのまま帰宅し、旦那に告げるとこれでもかというくらい喜んでくれて、その時やっと素直に喜ぶことができました。

それからの妊婦生活は、嬉しさよりも恐怖や不安が常にあり慎重すぎる毎日でした。

有難いことにお腹の子も順調に育ってくれて、胎動を感じるたび母親になる責任、まだ見えない我が子への愛情が増していきました。

そして40週の予定日検診。いつも同じ先生だったんですが、この日だけは予約がとれずいつもと違う先生の検診。そして言われたことが、

「赤ちゃんちょっと大きいな。もしかしたら肩甲難産かもしれん」

聞きなれない言葉と、『難産』という言葉に一気に不安になりました。

「このままやと赤ちゃんが大きすぎて、普通分娩が難しいかもしれへんから、24日まで陣痛なかったら促進剤打つか帝王切開にしよか」

今まで順調やったのになんで?どういうこと?が私の素直な気持ちでした。

その日はお腹のレントゲンなど撮り帰宅。旦那に話すと、とりあえず待とう!と励ましてくれました。

その日の夕方おしるしがあり、

「この子も、もうすぐ会えると教えてくれとるんや!私が不安になったらこの子も不安になるやん!」

と勇気づけられました。 関連記事:妊娠39週でも赤ちゃんが下がらない。児頭骨盤不均衡で帝王切開に移行するかもと言われ…

そしてその2日後の夜、チクチクと痛み出し、夜中に5分間隔になったところで病院に電話。来てくださいとのことで行ったら、

「んーまだ3センチくらいやし、前駆やと思うで一旦帰って」

と言われ帰宅。

帰宅したあとくらい急な寒気に襲われました。12月だし寒かったからだと思い、寝ようにも前駆陣痛の痛みと寒気で寝られず。

朝方に5分間隔を切り、寒気も治らず熱を測ったら39度!

また病院に電話をして、5分間隔を切ったこと、熱があることを告げると言われた言葉は、

「熱あるのに産婦人科に来られたら困る」

(え?この人何言っとんの?じゃあ自宅で産めってこと?)

そのまま伝えると、また3分間隔切ったら電話くださいと言われ、朝7時に3分間隔を切ったらので電話したら「今すぐ来てください」。

ようやく病院に行けること、もうすぐ赤ちゃんに会える楽しみに、痛さと熱の寒さのなか少し安心できた自分がいました。

そしてそのまま入院。心拍を測り、内診をしてまだまだやねと言われ、陣痛と戦っていると看護師さんがバタバタとしだしました。

痛みを耐えながら不安に思っていると、

「赤ちゃんの心拍が落ちてきてる、このままだと危ない」

言葉の意味を理解するのは、あの時は難しすぎました。

同時に、(あの時ちゃんと診てくれていたら、私の熱も赤ちゃんの心拍もこんなことにならんかったんやないの?)と、理不尽かもしれないけど怒りも込み上げてきました。

そして先生が入れ替わりで病室に来て、

「この産婦人科での出産は難しい。違う大きい病院にうつってもらいたい」

痛みもだんだん強くなり熱のせいかフラフラで、

「もうなんでもいいしどこでもいいで、赤ちゃん無事に産ませて」

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会