ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

訪日外国人の目当て、約7割が和食!世界が感嘆する日本の“朝ごはん文化”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

皆さんは今朝、朝ごはんを食べましたか?この日、朝ごはんを食べずに取材をした私は、そのことをとても後悔することになりました。

 

ホテルオークラ東京で2月16日、海外メディア向けレセプション「和朝食:その魅力について」が開かれました。これは公益社団法人米穀安定供給確保支援機構が主催するもので、日本の優れた和朝食文化とその重要性を海外メディアに認知、告知してもらうことを目的に実施されたものです。

 

当日は複数の海外メディアが来場し、和朝食の健康性に関する講演や日本のホテル、旅館で提供される和朝食の紹介などに、耳を傾けていました。

 

片手に「ご飯」があり続ける日本の食卓

講演会では神奈川県立保健福祉大学学長で、栄養学の権威として知られる中村丁次氏が登壇。「和朝食は、なぜ健康長寿に優れているのか」をテーマに話をしていました。

 

 

中村氏は「日本がまだ貧しい頃、ビタミン欠乏症などで人は健康ではなかった。しかし、どんなに豊かになり食生活が変化しても、片手に『米』を持つ食卓というのは変わらなかった」と語ります。

 

戦後、著しい経済成長を遂げた日本。栄養価の高いものが輸入され、食生活も欧米化されていきました。しかし、米を食べる文化は変わらなかったのです。日本の朝食のスタンダードは、米を中心とし、主菜副菜や魚、牛乳、発酵食品などが並びます。味付けは食材をそのまま活かした「出汁」が基本です。だから、高エネルギー、高脂肪の欧米食が入ってきても、バランスが取れたのです。

 

「今では朝食はオムライス、夕食は中華料理など多様化されています。しかし、どのメニューにも米がある。このおかげで、完全な欧米食にはならず、現在の和食が形成された」と中村氏。

 

また、和食が海外から評価される理由については「南北に伸びる日本には海、山、畑などが豊富で四季もある。自然と融合した食文化だから、体にも環境にも優しい。そこが評価されている」と解説していました。

 

日本人の「ごはん」=「食事」

東京を中心に英語雑誌を発行しているメトロポリス誌は、「訪日、在日外国人の満足した日本のホテル・旅館の和朝食」の調査結果を報告しました。

 

同編集部の調査結果によれば、外国人が和朝食を選んだ理由は「美味しいから」が56.3%、「健康的だから」が50.5%だったとのこと。

 

編集部のライター、マンディ・リン氏は「日本の朝食には自然への尊重が表現されている。新鮮で、見た目が美しいところも外国人は感心している」と話していました。ホテルが出す朝食について、訪日外国人は「盛り付けが綺麗で食べるのがもったいない」「食材だけでなく食器にも旬を感じる」と言った感想が聞かれたそうです。

 

また、マンディ・リン氏は日本人の「ごはんを食べる」は「食事をする」とイコールであることに着目。外国人にとってみれば「ごはんを食べる」は「ライスを食べる」です。「それだけ日本の食卓に米が出るのは当たり前のこと」とマンディ・リン氏は述べていました。

 

 

恵まれた和朝食、摂らないと後悔するかも…

「和食」は2013年、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。観光庁が昨年「訪日外国人消費動向調査」をしたところ、「訪日前に期待すること」の69.9%が「日本食を食べること」でした。それだけ和食は、海外から注目、評価されているのです。特に和朝食を摂ることは、外国人にとってみれば理想なのかもしれませんね。

 

ところが近年、朝食を抜く人が増えています。厚労省の2015年の調査結果では朝食の欠食率は男性が14.3%、女性が10.1%となっています。また、30代男性は25.6%で、4人に1人が朝食を食べていません。

 

中村氏によると朝食を摂らない事で「午前中の脳の働きが不十分になる」「1日の生活リズムが崩れる」「まとめ食いの要因となる」「太りやすくなる」といったことが起こりやすくなるそうです。

 

恵まれた日本の食文化。「朝ご飯」の重要性について、私たち日本人も深く考えないといけないのかもしれません。

 

※和朝食を試食する海外メディア関係者

 


自遊人 2016年5月号

Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。