体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

博士は思いついてしまった――『ムカデ人間』のすすめ

エンタメ 映画
『ムカデ人間』のすすめ

「ムカデ人間」は、三人の人間の口と肛門を繋げて一つの生命体にしてしまおうという、極力避けたい事態を描いた映画である。
肛門と口が繋がっていることで、後ろの人間は強制的に排泄物を食わされることになるため、“どうやらうんこを食う映画らしい”と、敬遠される方も多いのが現状。しかし実は本編は不潔な描写もグロテスクな描写も驚くほど少なく、上映劇場内が笑いで溢れるほどのユーモアに富んだ、とても面白いホラー映画なのです。

そして「ムカデ人間」において、そのユーモアのすべてを担っているのが、ムカデ人間創造と飼育を夢見る ”ヨーゼフ・ハイター博士” なんです!!2月3日の「ムカデ人間」DVD発売&レンタル開始を前に、ハイター博士というキャラクターについてちょっとご紹介させていただきたい。

博士は思い付いてしまった

ハイター博士はかつてシャム双生児の分離手術で名を馳せた名医。だが博士は逆に、人間を”切り離す”のではなく”繋げたい”と思ってしまった。残酷なのだけど、ちょっとお茶目な発想ではありませんか?完全に想像ではあるが、これは単に ”出来そうだからやってみたかった” という感じなのではないだろうか。トマト農家が、自分の育てているトマトに四角いケースを付けて四角いトマトを作ってみるような、そういう誰が喜ぶのか分からない無邪気な挑戦に似てはいないだろうか……。

「くっついた人間を切り離せるんだからさ、人間をくっつけちゃうことも出来るんじゃない……?」

そんな風に思ってしまったのかもしれない。なにしろ日本版のキャッチコピーが「つ・な・げ・て・み・た・い」である。
好奇心でつなげられちゃう方はたまったものじゃないよ。

少し弁護させていただくと、博士は三人の消化器官が一つのものとして機能し、三人が一つの生き物として生命を維持できるように計画している。
人間の尻と口をくっつけて縫い付ければ満足という訳ではないので、並の変態ジジイではない。残念ながらそれ以上だ……。博士は独りぼっちで暮らしている。大の人間嫌いなのだという。おそらく過去に何かあったのだろう。孤独に暮らす人間嫌いな中年医師の夢が、ムカデ人間創造と飼育。他人と心の繋がりのない博士が、人間を繋げようとしている。なんだか切ない心の暴走だ。

博士はどうしてもムカデ人間が作りたい!

映画の冒頭で、ムカデ人間のプロトタイプであるムカデ犬の写真を、ベソかきながら愛おしげに撫でるハイター博士のシーンがある。これがもう本当に愛おしそうなのである。おそらく孤独な生活の上で、唯一の心の友だったのであろう。ムカデ犬は死んでしまったらしく、立派な墓まで立てていた。おそらくペットロス状態の博士。これはもう、念願のムカデ人間を完成させるしかない! そうでもないと、心の傷が癒えない! なんかちょっと、応援したくなりませんか。博士はムカデ人間を作るために非常にがんばる。すごくがんばる。見た目、なかなかの御年であるから、そろそろ節々も痛いんじゃないだろうか。
(ちなみにハイター博士を演じているディーター・ラーザーさんは御年70歳である!)
だが動く。博士は動く。だって、ムカデ人間が作りたいから! がんばって自分よりデカい男でも捕まえてくるし、ムカデ人間に不適合だと分かれば手間を惜しまず処分する。見つからないようにするのだって大変だ。なかなかの労力だ。ジーンズ姿で快活に動き回る姿など、案外爽やかでちょっと乙女心をくすぐるものがある。

1 2次のページ
エンタメ 映画
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会