ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

看護師に押さえつけられ、隣室からはうめき声…。恐怖感MAXのなか打たれた無痛分娩前の麻酔 by ユーラシア

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170213175205p:plain

こんにちは、ユーラシアです。

一般的に出産は陣痛が来たら行うため、予定日は目安でしかありませんよね。

が、私は計画和痛出産という分娩方法を選んだので、あらかじめ分娩日が決められていました。

そして陣痛を待つことなく、その前日に入院し、分娩をスムーズに行うための処置を行うのです。 前回エピソード:早生まれってかわいそう?周囲の早生まれの人にリサーチしてわかったこと by ユーラシア

まずは明日の分娩時に麻酔を使うために、背中に硬膜外麻酔のチューブを入れます。

この一連の施術が激痛だったという体験談を読んだことがあったため、私はもう震えるばかりでした。

先生の指示で体をぐっと丸め、両膝をお腹につけるような姿勢になります。

大きなお腹でこの体勢は、地味にしんどい。

しかも「動くと困るから押さえるねー、たま〜に暴れる人がいるから」と、

看護師さんが私の体にのしかかって全体重をかけて押さえつけてきたから驚きです。

医療行為の一環と言えども、膝で押さえつけられるなんて初めての経験でした。

しかも、成人女性が暴れてしまうことなんてあるの!?とあまりにも怖かったので、

「海老は丸いのに、なぜ体を反ることを海老反りと言うのだろう……」と必死で現実逃避。

快適な部屋で横になっているだけなのに汗がだらだら流れてきて、

人間って追い込まれるとこうなるんだなと実感しました。

さらにこのとき、隣室から女性のうめき声が聞こえてきてホラーな雰囲気に。

「……ヒィ、ヒィィ……」という、すすり泣くような、この世の全てを嘆き怨むような声。

……この病院、午前中から”出る”んですか? と看護師さんを見ると、

「聞こえちゃった? 隣でね、正に今、産んでるのよ〜」とのこと。

あ、あんな、賽の河原に響いてそうな声が出てしまうほど、出産って修羅場なんですか!? と戦きました。

隣の分娩も気になりますが、私も人のことに構ってる場合ではありません。

そうこうしてる内に背中に何かが触れ、体の中に冷たい液体が注入されるのを感じました。

来る、ついに来る……!と目をグッとつぶって覚悟を決めましたーー

が、予想外に痛みはゼロ。

「あんまり痛くない」程度ではなく、本当にまったく、一ミリも痛みはありませんでした。

むしろ看護師さんの膝の方が、重くて痛かったくらい(本当に全力で押さえつけてる……)。

あれ? 痛くない! よかった……! と、思わず魂が抜けるほど安堵のため息。

でもこれには先生も「全然痛くなかったの?」と驚いていたので、

多少は痛みを感じる人の方が多いのかも……?? 謎です。

ちなみに、チューブを入れた後も違和感などは特にありませんでした。

背中に麻酔用のチューブを入れるなんて初めての経験だったので不安でしたが、

何も心配することはなかったと一安心。

が、今思えば、私はここで運を使い果たしていたんだと思います。

和痛分娩を選んだ私に訪れた試練、ラミナリアという大きな壁が立ちはだかっていることにそのときの私はまだ気付いていなかったのです……。 関連エピソード:痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア

f:id:akasuguedi:20160913055405p:plain

著者:ユーラシア

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳5ヶ月

2015年4月に男児を出産。割とテキトーに育児しているオタクでナマケモノな専業主婦です。思いもよらなかった子供の可愛さ奥深さに驚く毎日の中、老後の楽しみにと育児に関する絵や文章をちまちま描いています。息子はいつも親指を吸っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

計画無痛分娩を希望したはずが…時間外に来てしまった陣痛に「こんなはずじゃなかった…!」
計画無痛分娩のはずが…
痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。