体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「福岡に来てモヤモヤが晴れた」31歳で移住を決めた書店員・田中ゆいさんのホンネ

f:id:kensukesuzuki:20170210161455j:plain

東京の下北沢から、福岡市へ移住した田中ゆいさん。現在、市の中心部・天神に立つ期間限定の書店「Rethink Books」で書店員をしながら、街のクリエイティブなニュースを発信するWebサイト「#FUKUOKA」(ハッシュフクオカ)でライターとして移住に関するブログを書いています。東京が大好きだったという田中さん、なぜ福岡を選んだ? 実際に半年暮らしてみて本当はどう? 東京に帰りたくない? など、リアルなところを聞きました。

【田中ゆい プロフィール】

東京都出身。編集プロダクションで編集/ライターとして勤務した後、フリーランスに。2016年6月に東京から福岡へ移住。「福岡ガチ移住ブログ」

大好きだった東京から、福岡へ。移住を決めたきっかけは?

「福岡、快適です〜」と開口一番、そう答えてくれた田中ゆいさん。

数年前の福岡旅行で街を気に入り、住んだら楽しいだろうという予感がありました。その時は具体的には考えていませんでしたが、移住のきっかけは会社を辞めて独立した頃、知人から福岡で期間限定の本屋を作るので、スタッフが必要と声をかけられたこと。住んでみたいと思っていた福岡、その日のうちに心は決まっていたそうです。

f:id:kensukesuzuki:20170210161638j:plain

「私の場合は福岡ありきだったので、他の街は検討していません。家族には決めた後で報告しましたが、福岡、佐賀に従兄弟や祖母がいるし、いいじゃない!と(笑)。祖母に伝えたら、とても喜んでくれました。私はHIP HOP、特に日本語ラップが好きで。前に遊びに来たとき、福岡のクラブでラッパーたちのクオリティの高さと、お店の盛り上がっている様子にびっくりして。羨ましくて。福岡のHIP HOPをもっと掘り下げたいとも思っていました。

1年契約の仕事とともに来ましたが、住んですぐに1年じゃ足りないと思いました。福岡の人はおもてなしが好きで、“紹介したがり”な人が多いです。面白い人がいるから取材したら? とどんどんつないでくれる。おかげでやることがたくさんあって、ホームシックにかかる暇がありません。下北沢は人のつながりが密な街なので、引越後に懐かしむかもしれないと思ったけど、今は福岡が楽しいです」

私が思う、福岡人の気質

福岡の人と気質が合う、という田中さん。どんな特長があるのでしょうか?

f:id:kensukesuzuki:20170210161847j:plain

「社交的で世話好き、人に教えるのが好き、困っている人がいたら力を貸したい、そんな人が多いです。私にもそういう所があって、福岡では性格がそのまま出せます。東京にも世話好きで優しい人はたくさんいるのですが、人口が多すぎるので全員がやると交通渋滞になる。東京の人は、それが分かっているのだと思います。また、地方移住した人から、”地方は人がいい”と聞く度にどういうことだろう? と思っていましたが、福岡の人たちが熱心に人や場を紹介してくれたり、悩みや弱音も隠さず話してくれたりするのを体験して、私なりに分かった気がします。

実はこちらに来て2ヶ月めで、彼氏ができました。優しくて、素直で、生命力を感じる人です。彼に限らず福岡の人は考え方がシンプルで、まっすぐな人が多い気がします。東京は男性も女性も、承認欲求やプライドのせいで、ちょっとめんどくさい人が多いですもんね(笑)。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会