ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

気づけば春はすぐそこ……ということで、100万円以下の輸入クーペ・カブリオレを検討してみる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲ボタン一発でクーペにもオープンカーにもなる「クーペ・カブリオレ」。輸入車のそれはなんだか高いというイメージがありますが、実は車両価格100万円以下でも余裕で狙えるのです

▲ボタン一発でクーペにもオープンカーにもなる「クーペ・カブリオレ」。輸入車のそれはなんだか高いというイメージがありますが、実は車両価格100万円以下でも余裕で狙えるのです

新車で買うとなるとどうしたって割高なクーペ・カブリオレだが

春はまだまだ先のような気もしますが、「光陰矢の如し」なんて言葉があるとおり、割とすぐにそれはやってきます。気候の良い春という季節は、ぜひともしゃれた輸入オープンカーで楽しみたいところです。

でもいわゆる普通のキャンバス製ソフトトップを備えたオープンカーは、正直ちょっとわずらわしい部分もなくはない感じです(走行中は割とうるさい、雨漏りがちょっと心配、イタズラで幌を裂かれたりしないかも心配、etc.)。なので、もっと気軽にオープンエアを楽しみたい場合は、古典的なオープンカーではなく「クーペ・カブリオレ」がおそらくはベストです。

「CC」と表記されることも多いクーペ・カブリオレとは、電動でガーッと開閉する格納式ルーフを備えたオープンカーのこと。ボタン一発で屋根を閉めれば見た目的にも機能的にもほぼクーペと同様で、しかしまたボタン一発で屋根を開ければ爽快なオープンカーに早変わりするという、いわばいいとこ取りのジャンルなのです。

ただ、複雑なルーフの機構を電気と油圧で動かしますので、新車の輸入クーペ・カブリオレというのはなかなか値段が張る場合が一般的です。具体的には、例えばプジョー 207というハッチバックは新車時価格200万~200万円半ばぐらいの車でしたが、そのクーペ・カブリオレ版である207CCの新車時価格はおおむね300万円台前半といったところ。どうしたって高く付いてしまうわけです。

▲何本ものアームをモーターと油圧ポンプで動かしながらルーフを開閉させる……という複雑な機構のため、その新車価格はどうしたってベース車両よりも割高に。写真は2台ともプジョー 207CC

▲何本ものアームをモーターと油圧ポンプで動かしながらルーフを開閉させる……という複雑な機構のため、その新車価格はどうしたってベース車両よりも割高に。写真は2台ともプジョー 207CC

コンパクト系のオススメお手頃CCはコレ!

しかしそれはあくまで新車時の話であって、もしも中古車でもOKというのであれば、車両価格100万円以下というかお手頃プライスで探せる輸入クーペ・カブリオレは実は多いのです。

例えば最も流通量豊富なのがプジョー 206CCです。

▲00年代初頭に大ヒットした小型車、プジョー 206をベースに作られたプジョー206CC

▲2000年代初頭に大ヒットした小型車、プジョー 206をベースに作られたプジョー 206CC

▲ルーフを閉めた際のビジュアルはこんな感じです

▲ルーフを閉めた際のビジュアルはこんな感じです

これは99年から07年にかけて売れに売れたプジョーの小型ハッチバック「206」をベースに作られたクーペ・カブリオレで、1.6Lまたは2Lのエンジンを積む、なかなか痛快な走りが楽しめるモデルです。現在の中古車相場はおおむね30万~80万円といったところで、走行短めの物件を探したい場合は50万~80万円付近が中心となります。きちんと整備されてきた個体であれば、まだまだ十分な現役感が楽しめるクーペ・カブリオレです。

ただ、「もう少し新しめの年式がいい」と思うかもしれないので、その場合は206CCの後継にあたるプジョー 207CCがいいでしょう。また「206CCを見てみたけど、後席がちょっと狭いなぁ……て」と思うのであれば、ひと回り大きなサイズとなるプジョー 307CCがオススメとなります。

▲あこちらはプジョー 207CC。上の206CCより1世代新しいプジョーの小型クーペ・カブリオレです

▲こちらはプジョー 207CC。上の206CCより1世代新しいプジョーの小型クーペ・カブリオレです

▲207CCのルーフを閉めたときのビジュアルはおおむねこのような感じに

▲207CCのルーフを閉めたときのビジュアルはおおむねこのような感じに

▲こちらは206/207より1サイズ大きい5ドアハッチバックである307がベースのプジョー 307CC

▲こちらは206/207より1サイズ大きい5ドアハッチバックである307がベースのプジョー 307CC

▲ルーフを閉めるとこんな感じ。後席の居住スペースは206CC/207CCと比べれば広めです

▲ルーフを閉めるとこんな感じ。後席の居住スペースは206CC/207CCと比べれば広めです

207CCは新車販売期間が07年6月から12年10月と比較的新しい関係でデザインもかなりシュッとしていますし、後席の空間も、決して広いわけではありませんが、前身の206CCと比べれば改善はされています。それでいて車両価格60万~80万円付近でも十分探せますので、サイズ的に小ぶりでも構わないのであれば、かなりオススメとなる1台です。

04年2月から08年5月まで販売されたプジョー 307CCは、207CCと比べると若干古い世代になりますが、この種の車としては後席もなかなか広いので、後ろに人を乗せることが多い人は要チェックです。こちらの相場はおおむね30万~80万円で、206CCと似たようなプライスとなります。

メルセデスの2シーターだって100万円以下でOK

2人乗りでもOKで、なおかつ「イカしてる感じ」のクーペ・カブリオレが欲しい場合は、メルセデス・ベンツの旧々型SLKクラスまたは旧型SLKクラスが車両100万円以下でイケます。

▲こちらはメルセデス・ベンツの初代SLKクラス。電動開閉式の「バリオルーフ」は衝撃的でした

▲こちらはメルセデス・ベンツの初代SLKクラス。電動開閉式の「バリオルーフ」は衝撃的でした

▲バリオルーフを閉めるとこのようなニュアンスに

▲バリオルーフを閉めるとこのようなニュアンスに

旧々型SLKというか初代SLKは、97年2月から04年8月まで販売された2シーターのクーペ・カブリオレで、メルセデス・ベンツの量産車として初めて「バリオルーフ」を採用した車でした。エンジンは2.3Lのスーパーチャージャー付き4気筒または3.2LのV6で、見た目的にもかなりスポーツカー的なのですが、実際の乗り味は比較的ゆったりとしたニュアンスです。目を三角にしてぶっ飛ばすというよりも、海岸や高原なんかを優雅に走るのがハマる感じでしょうか。そういった使い道を考えている人にとっては、ちょっと古いですが、まだまだ魅力的な存在です。最近はクラシカルな味わいみたいなものも出てきた気がしますし。中古車相場はこれまた30万~80万円ぐらいです。

「初代SLKだとさすがに古いかも……」という場合は、後継である旧型SLKクラスでどうでしょう?

▲初代の後を受けて04年途中に登場した2代目(旧型)メルセデス・ベンツ SLKクラス

▲初代の後を受けて04年9月に登場した2代目(旧型)メルセデス・ベンツ SLKクラス

▲バリオルーフを閉めた状態でもかなりシュッとしています

▲バリオルーフを閉めた状態でもかなりシュッとしています

こちらはグッと現代的なビジュアルに生まれ変わって04年9月から11年4月まで販売されたクーペ・カブリオレで、初代SLKよりもパワフルかつスポーティな走りを堪能できます。それでいて中古車は100万円以下でも検討可能。もちろんモデル全体の相場は80万~220万円ぐらいで、ボリュームゾーンは150万円付近なんですが、ここ最近は100万円以下の物件もまずまず増えてきているのです。

また、SLKクラスよりもう少し大きいサイズで、4人乗れて、そしてもうちょっと落ち着いたイメージの方がいいという人には、フォルクスワーゲン イオスがハマるかもしれません。

▲旧々型ゴルフをベースに作られたフォルクスワーゲン イオス。現在は絶版です

▲旧々型ゴルフをベースに作られたフォルクスワーゲン イオス。現在は絶版です

▲こちらも後席は(広いというほどじゃありませんが)まずまず使える広さです

▲こちらも後席は(広いというほどじゃありませんが)まずまず使える広さです

06年10月から10年2月まで販売されたフォルクスワーゲンの中型クーペ・カブリオレで、エンジンは2Lの直噴ターボまたは自然吸気の3.2L V6。なかなかパワフルな走りを堪能できますが、SLKと比べるとビジュアル的にかなり落ち着いた雰囲気ですので、「SLKみたいなスポーツカーはこっぱずかしい……」という人でも無理なく愛せるはずです。また、当然ですが「4人乗れる」というのも大きなポイントでしょう。中古車相場は70万~170万円付近ですが、100万円以下でも探せなくはありません。

さらに落ち着いた雰囲気がお望みの場合は、2代目のボルボ C70カブリオレでしょうか。

▲ボルボとしては初の電動格納式ルーフ採用車である第2世代のボルボ C70カブリオレ。写真は06年12月から10年3月の前期型。それ以降の後期型は、これとはちょっと異なるデザインになりました

▲ボルボとしては初の電動格納式ルーフ採用車である第2世代のボルボ C70カブリオレ。写真は06年12月から10年3月の前期型。それ以降の後期型は、これとはちょっと異なるデザインになりました

どこからどう見ても100万円以下には見えないステキすぎる北欧製クーペ・カブリオレですが、それだけに100万円以下の物件は今のところ希少です。なくはないのですが、ボリュームゾーンは100万円台後半といったところ。これについては「100万円以下でもしもイイのが見つかればラッキー」ぐらいに思っていた方がいいかもしれません。

結論として、2代目ボルボ C70カブリオレ以外は、車両価格100万円以下でもなかなかステキなクーペ・カブリオレが探せることはおわかりいただけたかと思います。ぜひ、これからやってくる「春」をこんな感じの車たちでもって存分にお楽しみいただけたら、編集部としても大いに幸いです!

【関連リンク】

本文に登場した100万円以下の輸入クーペ・カブリオレをチェックしてみるtext/編集部

photo/プジョー・シトロエン、ダイムラー、フォルクスワーゲン、ボルボ

関連記事リンク(外部サイト)

本文に登場した100万円以下の輸入クーペ・カブリオレをチェックしてみる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。